都市伝説

タイムスリップした米国人男性がすべてを語った・2079~2749年の地球

西暦2079年の世界にタイムスリップして、2年を過ごした男がすべてを語った。1927年生まれの米国人男性、アル・ビーレック氏は2173年を6週間、2079年を2年間生きたと主張している。 オカルト研究家は「アル氏がこれまで記憶していることをポツポツ語ってきているんですが、驚くべきことに彼が語った後、気候変動など数々の出…

つづきを見る

全世界が注目するブルガリアの予言者が書き残した「5079年」までの出来事

ブルガリアの盲目の予言者、ババ・ヴァンガの予言がいま注目を浴びている。1911年生まれで、1996年に84歳で亡くなったババは、生前にアメリカで黒人大統領の誕生すること、中国の経済的台頭、イスラム教徒の勢力拡大などを予言していたのだ。 オカルト研究家は「ババ・ヴァンガは愛称で、本名はヴァンゲリア・パンディヴァ・ディミト…

つづきを見る

ロシア・プーチン大統領に時間を支配する「タイムトラベラー」疑惑写真が!

アメリカ誌『フォーブス』が毎年選ぶ「世界で最も影響力のある人物ランキング」で3年連続1位に輝いているロシアのウラジミール・プーチン大統領(63)に影武者説どころか、タイムトラベラー説が浮上した。 プーチン大統領といえば元KGBのエージェントであり、ロシアの独裁者、柔道とサンボをたしなむ格闘家、自ら飛行機や戦車を操縦する…

つづきを見る

被害報告多発! 家に侵入してきた「ロボット型エイリアン」

  ブラジルの女性が12月上旬、「ロボットのようなエイリアンが寝室に侵入し、私に何か実験をした」と主張し、傷口の写真を公開した。 事件が起こったのは9月末のある夜だった。 匿名の女性は「その夜は、誰かに見られているような感じがしました。気のせいかと思っていましたが、夫や家族がみんな寝た後、光の玉が寝室に入ってきたのに気…

つづきを見る

世界中が騒然! エリア51付近で撮影された「巨大UFO母艦」画像

いま世界中のUFOマニアの間で大きな話題となっているのが、アメリカのネバダ州の『エリア51(グルーム・レイク空軍基地)』近くで撮影されたUFO画像だ。 10月30日、カリフォルニア州サンノゼ発テキサス州ヒューストン着のアメリカン航空機の男性乗客が、機内から撮影したものである。 男性は「砂漠にまばゆいばかりの明るい光に気…

つづきを見る

米ヒューストンで目撃者が続出した「光るUFO」動画の全貌

11月10日に、アメリカのテキサス州ヒューストンで不思議なUFO動画が撮影された。 ヒューストンのダウンタウン近くを通る高速道路45号線を走る車中から、撮影された6秒ほどの動画だ。 夜空に突然、白い光の点が出現し、次にまるで蛍光灯をつけたかのようにパッとUFO全体が光り、そのUFOの全貌が分かる。 本体から下に伸びる4…

つづきを見る

続々報告!世界中で話題「スマホにしか映らないUFO」の正体

アメリカ・ニューハンプシャー州で撮影された摩訶不思議なUFO動画が話題になっている。 同州在住のマイク・ピターロ氏は9月21日午後7時過ぎ、ステープルゲートモール付近でUFOを撮影した。 ピターロ氏は「日没を動画撮影するために、スマートフォンを空に向けたら、画面のはるか上空にフワフワ動く不思議な白い光の玉のようなものが…

つづきを見る

山下財宝も出る!? ポーランドで「伝説のナチス黄金列車」発見

伝説の『黄金列車』が、ポーランド南西部の地中で発見されたという。 このお宝は、第2次世界大戦末期、ナチス・ドイツが略奪した宝石や芸術品などを積んだまま行方不明になったとされる、いわくつきのものだ。 この報告を受け、気の早いポーランド政府は国軍を同地に派遣したことから、現地では蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。 「戦…

つづきを見る