都市伝説

3種類のUFOが火山火口付近を飛び交う映像が撮影され「大噴火の前兆」では? と話題に

小中規模の噴火を繰り返しているメキシコのポポカテペトル山にUFOが大量出現している。 そのため、UFO研究家の間では「いよいよ大噴火か」との憶測が広がっている。 3月中旬に、ポポカテペトル山の火口付近を飛び交うUFOの映像が動画投稿サイト『YouTube』に投稿された。 UFOマニアは「火口を映し続けるライブカメラの映…

つづきを見る

南米で発掘された身長3mの「巨人ガイコツ」の正体は?

全長3mの巨人の全身骨格の化石が発掘され、研究が進められている。 巨人は、2013年にアマゾン地域のペルーとエクアドルの国境近くで発見されたという。英国の人類学者ラッセル・デメント博士は「現在、ドイツの研究チームが調査しており、巨大化の謎を解明しようと奮闘している」と語る。 エクアドル情報の総合サイト『クエンカ・ハイラ…

つづきを見る

故障した「スペースクラフト型UFO」の撮影に成功したスコットランド人がいる?

イギリスのスコットランド中部パースシャー在住の年金受給者の男性が映画『未知との遭遇』に出てくるUFOにそっくりなものを撮影した。 自宅近くで数分間、ホバリングしていたという。 3月上旬夜11時ごろ、ジョン・マクドナルド氏(65)は友人宅からジープで帰宅中に、自宅から約60m離れた上空にホバリングするUFOを発見した。街…

つづきを見る

全米騒然! サバイバル番組に映り込んだ「ビッグフット」

アメリカのCS放送『ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル』に、サバイバルシリーズという番組がある。 その中の『遠隔サバイバル』に偶然、ビッグフットが映ったと話題になっている。 『遠隔サバイバル』(原題『Remote Survival』)とは、クリフ・ホッジスとアレックス・コーカーという2名のサバイバル専門家が、過酷…

つづきを見る

英国で出現した「ラブランド・フロッグ」は日本でも目撃される、あの生き物なのか?

イギリスのイーストサセックス州にあるビーチで、26歳の男性が人型の奇妙な生物を目撃したという。 この生物が「アメリカのラブランド・フロッグか」と話題になっている。 柔道コーチをしている男性は、2月下旬のイベントを終えた22時半ごろ、ブライトンのビーチを歩いて帰宅した。ブライトンは、ロンドンから南へ自動車で約1時間ほどの…

つづきを見る

ローマ法王のボディーガードはエイリアン!?

ローマ法王フランシスコのボディーガードはエイリアンだった!? フランシスコ法王が2月、メキシコ訪問した。 メキシコのニュースでは、フランシスコ法王がメキシコ訪問したことを連日、大きく扱った。滞在5日目の2月16日、メキシコ中西部の都市モレリアを訪問し、モレーロス・スタジアムで若者たちと交流するために法王専用車(ポープモ…

つづきを見る

血液型「RH-」は地球外生命体の科学的新説

オカルトマニアたちだけでなく、科学者たちまでもが「血液型でRHマイナスは地球外生命体に由来するものだ」と主張し出し、欧米のオカルト界で話題になっているという。 人間の血液型にはA、B、AB、Oの4種類が存在する。さらに、それぞれの血液型を赤血球の表面にある『D抗原』の有無で、RHプラスとRHマイナスに分類している。人間…

つづきを見る

エイリアンに誘拐された男性の予言

エイリアンに誘拐された男性がそのエイリアンから教えられた予言を公開した。 アイルランドの元大工、ジェリー・バトルズ氏(61)はアブダクティー(エイリアンに誘拐された人)だと主張している。 ジェリー氏は2001年12月26日、エイリアンと遭遇し、地球滅亡を伝えられた。パブからの帰り道で、家まであと数分の場所で白い光に照ら…

つづきを見る

巨大彗星「ケンタウロス」衝突で地球が消滅するXデー

地球に衝突する可能性がある彗星、小惑星の数は、以前考えられていたよりも多くなっているという。 そして、『ケンタウロス』と呼ばれる巨大彗星が地球に脅威をもたらすというのだ。 ちなみに小惑星とは、火星と木星の間にたくさんある小さな惑星のような天体のこと。彗星とは氷や塵でできた小さな天体で、 太陽の近くに来たときに一時的に尾…

つづきを見る

ノストラダムス「2016年」の大予言

16世紀の哲学者であり、占星術師で、世界で最も知名度の予言者の一人であるノストラダムス。 《1999年7の月、恐怖の大王が空から来るだろう。アンゴルモアの大王を蘇らせるために…》 この予言が日本中で騒がれたが、1999年に地球が滅亡しなかったことで、ノストラダムスの話題と知名度は一気に失われた。 しかし、一部ではまだノ…

つづきを見る