金本知憲

阪神金本、巨人高橋、横浜ラミレスら外野手出身新監督の「独自」チーム構築

「外野手出身の監督は“細かい野球”ができない」――昔から球界で言い古されてきた言葉だ。 奇しくも今季初めて指揮を執る巨人、阪神、横浜DeNAの新監督は全員が外野手出身だ。 「外野手はポジションの性質上、守備のサインプレーに参加する機会が少ないので、ゲームビジョンを組み立てるのが巧くないと言われています。これが、外野手出…

つづきを見る

呉昇桓流出で阪神金本「改革構想」は前途多難

金本監督の“虎改革構想”が崩れようとしている。選手起用が思ったようにすんなりいきそうもないからである。 阪神タイガースは12月11日に2年契約が満了したクローザーの呉昇桓(33)と残留交渉を打ち切った。一連の不正賭博事件を受け、ダメージを最小限に食い止めるためだ。 「カジノで暴力団関係者から多大な賭け金を借りたとされる…

つづきを見る

清原+金本で「男気チーム」 結成!? 新生トラの覚醒計画全貌

阪神タイガースの金本知憲監督(47)が11月21日、新スローガンを発表した。 それが『超変革』。就任以来、チーム運営に関して抱いてきた違和感に対し、“大きく超える”、“変革の上を行く変革”という意味を加えたそうだ。 「金本監督が就任したのを機に、フロントもこれまでのチーム運営を改めようとしています」(球界関係者) その…

つづきを見る

阪神・金本新監督 ベテラン選手に対し「泣いて馬謖を斬れ」るか?

前代未聞の珍事! 金本知憲阪神新監督(47)が、ドラフトで当たりクジを開かなかったことは記憶に新しい。新監督の初仕事がドラフトのクジ引きなら、来季ペナントレースの主テーマは“世代交代”だ。 金本は10月20日、一軍選手と対面した。その後、個別ミーティングで、打撃成績を落としたキャプテンの鳥谷敬に「物足りなさすぎ!」と厳…

つづきを見る

アニキ金本「初代“阪急タイガース!? ”監督」ようやくの船出!

10月19日(月)、坂井信也オーナー、南信男社長、四藤慶一郎専務同席の下、来季の阪神一軍監督に金本知憲氏(47)の就任がようやく決まった。 就任会見で金本は、「不安と希望が入り混じっています。しかし、今は『やってやろう!』という強い気持ちがあります。本当に身が引き締まる思いです。勝つこと、優勝させること、立て直すこと、…

つづきを見る

思惑違い…アニキ金本「やるんだったら全権監督」阪神球団トップと平行線

「9月30日に球団トップ会談があり、金本氏に絞り込まれました。翌日には一任を受けた南信男社長が早々に金本氏に会いましたが(1回目交渉)、最初から話がかみ合わず…」(球界関係者) 阪神タイガースは、次期監督候補の金本知憲氏(47)との交渉に難航している。阪神フロントは10月8日、金本氏と2回目の交渉を終えたが、互いの主張…

つづきを見る