金正恩

「北朝鮮の完全破壊」を支持するトランプ支持者たち

11月に予定されているアメリカのドナルド・トランプ大統領訪中を前に、米中の動きが慌ただしい。9月に訪中を予定していたじゃレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプの夫妻は、突如北京入りをキャンセルした。イヴァンカにある疑惑が浮上したからだ。 「イヴァンカブランドのハンドバックや靴、衣類などは中国で生産されていますが、製造…

つづきを見る

北朝鮮ミサイルと「FX取引」の関係性

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、縦割り組織の“チーム金正恩”をそれぞれトップダウンで統率している。そのうちのひとつに、ミサイル発射や核実験などの軍事オプションを起こす際、マーケット経由で金やFXの取引を仕掛けるグループがあるという。“正恩直属ディーラー”の存在は本当なのか。 「ミサイル発射などは自分で仕掛けているリス…

つづきを見る

トランプ米大統領「金正恩と会見してもいい」発言の真意

5月1日、トランプ米大統領がインタビューのなかで、北朝鮮の金正恩労働党委員長との会見をしても構わないと表明した。ただし、“状況が適切ならば”という条件付きだ。 どのような付帯条件かは不明だが、国際社会が北朝鮮に要求しているのは、核実験の停止と弾道ミサイル発射の中止だろう。恐らくこれを受け入れてからの話ということではない…

つづきを見る

経済枯渇の金正恩「残った道」は亡命か?

北朝鮮の金正日総書記にかつて、亡命説が流れたことがある。 「金正恩朝鮮労働党委員長の父である金正日総書記は、その父の金日成主席の死去後、3年間の喪が明けた1997年4月に、ジュネーブの4億円を超える大邸宅を購入しています。当時の西側情報機関は、『金正日ファミリーの亡命先』と分析しました」(北朝鮮ウオッチャー) 王子様と…

つづきを見る

「貧乏国家」北朝鮮で先進的商業施設やインフラを建設できる理由

北朝鮮では国民と、党や軍の幹部に太った人を見かけることがほとんどない。しかし、金正恩党委員長だけは超の付く肥満体(推定170センチ、130キログラム)だ。なぜ北朝鮮の高官や幹部は痩せているのか。 「トップの特権階級に属する層は、持病のある人が多いのです。北朝鮮の政治に深く関われば関わるほど、それだけ病に悩まされるという…

つづきを見る

暴君・金正恩が北朝鮮国民に施した数少ない「善行」

北朝鮮では金正日総書記の時代から、たびたび暗殺未遂事件が韓国によって報道されてきた。もっと言えば、金日成主席は全権を掌握するまで、政敵に対して血の粛清に次ぐ粛清を重ねており、常に権力闘争、後継を巡る抗争に明け暮れてきた。金正恩党委員長もまたしかりだ。 「北朝鮮で36年ぶりに労働党大会が開催された昨年の5月、秘密警察であ…

つづきを見る

「オバマは原生林の猿」北朝鮮アナウンサーの激ヤバ語録

北朝鮮で政治体制や主体思想を称えるプロパガンダの役割を果たしているのが『朝鮮中央テレビ』だ。朝鮮中央放送委員会の“おばさんアナウンサー”李春姫(リ・チュンヒ)の絶叫放送は、日本のお茶の間でも“人気”だ。 同テレビや労働新聞が発する敵対勢力へ向けての“暴言”は凄い。というよりも、論評に値しないと言った方がよいかもしれない…

つづきを見る

北朝鮮送還の「金正男氏遺体」墓も建てず無慈悲に処分か

マレーシアは、駐北朝鮮外交官とその家族9人を人質に取られたことから、金正男氏の遺体と暗殺事件の容疑者と考えられる駐マレーシアの北朝鮮外交官ヒョン・グァンソン2等書記官と、高麗航空関係者のキム・ウギル氏との人質交換に応じた。こうして、遺体と容疑者2人は、3月31日に平壌に戻ってしまった。 その結果、金正男氏の暗殺事件は、…

つづきを見る

金正男氏暗殺は正恩の「1番事件」発動によって実行された

金正男氏の暗殺はロイヤルファミリー内で生じた極めて内向きの問題であり、北の住民はじめ幹部たちですら、詳細を知ってはいけないトップシークレットの“事件”だ。 金正日の長男の正男氏は、存在自体が現北朝鮮トップの金正恩の“伝統性”や“権威”を傷つける。しかし、正男氏もまた“従兄殺し”をやってのけているので、因果応報なのだ。 …

つづきを見る

北朝鮮が史上初の外国人暗殺を目的に「乱数放送」再開

昨年7月、イギリスの北朝鮮大使館から韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元公使を手助けしたとして、英米国籍のビジネスマン2人の暗殺指令が出ていると、イギリスの新聞サンデー・エクスプレスの電子版が伝えた。 同紙は《3月初頭、約8分間の北朝鮮の平壌放送のなかで暗号を伝達する手法で行われた》としており、脱北者の支援を得て暗号を…

つづきを見る