金正日

今はあり得ない?北朝鮮で開催した「アメリカとの文化交流行事」

2008年2月26日に、アメリカの名門オーケストラ『ニューヨーク・フィルハーモニック』(NYP)が北朝鮮の平壌で初めてコンサートを開いた。このコンサートのスポンサーは著名な日本人女性という意外な背景もあり、話題になった。 場所は平壌の東平壌大劇場で、指揮はNYPのロリン・マゼール音楽監督。米朝両国国歌のあと、ドボルザー…

つづきを見る

「偉大なる将軍様」と呼ばれた故・金正日の横顔 ~その3~

(その2からの続き) 北朝鮮の金正恩党委員長の髪形は、滑稽に見えるほど常軌を逸している。だが、先代の金正日の“センス”もまた異様だった。 室内でもサングラス 表情の変化と、目もとのしわを隠すために、冬の室内でも必ず着用していた。 左手の秘密 室内外を問わず厚い手袋をはめている。必要な場合、右手袋だけはずす。 10センチ…

つづきを見る

「偉大なる将軍様」と呼ばれた故・金正日の横顔 ~その2~

(その1からの続き) 北朝鮮の金正日には、ファミリーを支える“3大グループ”が存在した。 金正日の身辺を警護する『護衛総局』の中の『護衛司令部第2護衛部』 金正日の直命機関である『秘書室』 同じく直命機関である『執務室』 この3つの組織は、北朝鮮の権力序列の外部に独立して位置付けられており、北朝鮮の支配層を構成する権力…

つづきを見る

「偉大なる将軍様」と呼ばれた故・金正日の横顔 ~その1~

13年間、北朝鮮の金正日総書記のお抱え料理人として腕を振るった藤本健二氏は、著書『核と女を愛した将軍様』のなかで、金総書記の大好きな嗜好品を具体的に暴露している。酒はウイスキーなら『ジョニーウォーカー』、コニャックなら『XO』や『パラディッシュ』。たばこは『ロスマンズ・ロワイヤル』と、それらはまるで王様のようなラインア…

つづきを見る

「オバマは原生林の猿」北朝鮮アナウンサーの激ヤバ語録

北朝鮮で政治体制や主体思想を称えるプロパガンダの役割を果たしているのが『朝鮮中央テレビ』だ。朝鮮中央放送委員会の“おばさんアナウンサー”李春姫(リ・チュンヒ)の絶叫放送は、日本のお茶の間でも“人気”だ。 同テレビや労働新聞が発する敵対勢力へ向けての“暴言”は凄い。というよりも、論評に値しないと言った方がよいかもしれない…

つづきを見る