金相場

ロシアと中国が自国の「金」備蓄量を増やしている理由

世界中の中央銀行が“有事の備え”といわれる金の保有量を増やしている。 その中でも、ロシアと中国の動きが際立っている。 ロシアの国家備蓄としての金保有量は約1460t。日本の保有量は約765tでロシアの半分だ。最近3年の日本の保有量に変化はないが、外貨準備高に占める割合は2%と、他の先進国に比べると圧倒的に少ない。この日…

つづきを見る