闇営業

吉本社長“涙の会見”に辛辣な声「茶番中の茶番」「よしもと新喜劇かよww」

『雨上がり決死隊』宮迫博之、『ロンドンブーツ1号2号』田村亮ら、吉本芸人の闇営業問題について、7月22日、吉本興業の岡本昭彦社長が会見を行った。 岡本社長はコンプライアンスの徹底、芸人ファーストの意識見直しについて触れ、あらためて2人への契約解除処分撤回を表明した。また会見中、時折、涙を見せながら話すなど、複雑な胸中を…

つづきを見る

ロンブー田村亮が相方・淳に“真相を隠し続けた”感動の理由!

7月20日、詐欺グループ相手の闇営業問題で『吉本興業』から契約解除された『雨上がり決死隊』の宮迫博之と、謹慎処分となっていた『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が自主的に謝罪会見を行った。 「謝罪会見というよりは、吉本のパワハラを告発するような内容になりましたね。テレビでも闇営業問題の真相よりも、吉本の体制について多くの…

つづきを見る

宮迫博之に浴びせられるイヤミ「早期退職で悠々自適おめでとう」

吉本興業が7月19日、詐欺グループの会合に闇営業で参加し、謹慎処分となっていた『雨上がり決死隊』宮迫博之とのマネジメント契約を解消することを発表した。 報道関係者に送られたFAXには「宮迫博之は、すでに報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し…

つづきを見る

よしもと謹慎芸人「絶対に反省してない」? “グループLINE名”にドン引き

闇営業問題で現在、謹慎処分を受けているお笑いタレントのレーザーラモンHGの妻でタレントの住谷杏奈が15日、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演し、夫の近況について報告した。 住谷は「お騒がせして申し訳ないっていう気持ちと、一個人の嫁としての意見なんですが…、もう引退してもらいたいなって私は思ってて…、主人に結…

つづきを見る

宮迫博之たちが“謝罪会見”できない驚きの理由! 芸能界引退が現実味…

反社会的勢力に対して〝闇営業〟を行った上、ギャラをもらったにもかかわらず「受け取っていない」とウソをついたことで、謹慎処分を言い渡されている宮迫博之ら〝よしもと芸人〟たち。仲間の芸人からは「会見をするべき」と助言を受けているが、どうしても出られない事情があるという。 今回の不祥事が明るみになったとき、同じく「よしもと」…

つづきを見る

入江軍団“超ロリコン芸人X”とは!? ネット上で浮上した驚きの名前

反社会的勢力を相手に〝闇営業〟をしていた過去が暴かれ、所属していた『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』を解雇された元『カラテカ』の入江慎也。しかし、解雇後も騒動の余波は収まる気配を見せず、入江の周辺人物を含めたさまざまな〝怪しいウワサ〟まで飛び交い始めている。 今回、新たに疑惑が報じられたのは、入江と懇意にしてい…

つづきを見る

『ハリセンボン』春菜を「クビにしろ!」 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(7/4配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 近藤春菜 : 「クビにしろ!」ハリセンボン春菜が号泣して『先輩擁護』に批判殺到 406…

つづきを見る

『笑ってはいけない』から“あの人”が消える!? 年末特番にも闇営業問題

大みそか特番の大定番『笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)の今年の放送で、あの〝名物キャラクター〟が不参加となる可能性が出ているという。 『ダウンタウン』、『ココリコ』、月亭方正の5人が出演するこのシリーズ。今年の放送はまだ正式に決まっていないが、高視聴率を長年キープしていることから、例年通り放送があるとみて間違…

つづきを見る

『水ダウ』に謹慎中の芸人が出演!? 加工処理の放送に憶測飛び交う

7月4日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、〝闇営業〟で謹慎処分を受けている吉本興業芸人が出演予定だったものの、出演シーンがカットされたのではないかとのウワサが相次いでいる。ネット上では、加工が施されてその姿が映らなかった芸能人を特定する動きも出た。 この日、同番組では、『品川庄司』の庄司智春、『三四郎』の小…

つづきを見る

中居正広「謹慎って何?」発言にツッコミ続出「稲垣と草彅がしたでしょww」

6月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した中居正広の発言に、視聴者から冷たい視線が向けられている。 この日の番組は、『雨上がり決死隊』宮迫博之をはじめとする芸人たちが、所属事務所『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』から謹慎処分を下された〝闇営業問題〟をトップからピックアップ。また、同じく反社会的…

つづきを見る