雇用

外国人留学生から見た日本の大学生の印象

世界の大学生は、アルバイトを経験する日本の大学生を“自立した学生”として認識しているようだ。 「自分の小遣い、または旅行とか欲しい物の購入費、あるいは社会勉強のためとか、学校の枠外に友達作り、将来に備える知見・経験のためなどのようなしっかりした考えがあり、また日本の大学生は親に依存する傾向が少なく、自分自身の目的のため…

つづきを見る

「大学生の7割がバイト」日本は世界でも珍しい国

アメリカの大学生は約4割、ヨーロッパの大学生は約3割に対し、日本の大学生は約7割がアルバイトを経験している。 日本の学生アルバイトといえば居酒屋やカフェの店員がすぐに頭に浮かぶが、実際、大手アルバイト情報サイトによると1位は『飲食・フード』、2位は『オフィスワーク・事務』、3位は『接客・サービス』となっている。 では、…

つづきを見る

企業と大学が頭を抱える「2018年問題」とは?

まだ聞き慣れないかもしれないが、『2018年問題』という言葉をこれから頻繁に耳にするかもしれない。この、2018年問題という言葉、全く違うふたつの問題を言い表しているので少し注意が必要だ。 まずひとつ目は“雇用”の問題のことを指している。派遣や契約の社員、パート、アルバイトといった雇用期間の契約がある『有期雇用』で働い…

つづきを見る

NHK「クロ現+」アラフォー特集で怒りが収まらない同世代

12月14日に放送された『クローズアップ現代+』(NHK)の『アラフォークライシス』特集が話題になっている。 番組では《アラフォー世代の給与だけがダウン。40代前半では、5年前に比べて2万円以上も下がっていた》と紹介された。それだけにとどまらず、35歳から44歳までのアラフォー世代の労働者およそ1500万人のうち、38…

つづきを見る

電車痴漢しても「諭旨解雇」は無効判決!裁判官の人材不足の恐ろしさ

昨年12月25日に大手新聞も驚く意外な裁判判決が出た。 電車内で痴漢をしたとして略式命令を受けた東京メトロの元男性社員が、諭旨解雇は不当だと訴えた裁判で、東京地裁は解雇を無効とする判決を言い渡した。 「男性は2013年12月、出勤のため乗車していた東京メトロ車内で、当時14歳の女性のお尻などを服の上から約5分間触った疑…

つづきを見る

young man with a paper with the text human rights

国内外で難民100人雇用! 「ユニクロ」が支援に乗り出す

カジュアル衣料品店『ユニクロ』が、来年から国内外の店舗で難民約100人を雇用するという。 柳井正会長兼社長は「国や国連に解決を頼るだけでなく、企業と個人も支援に乗り出すべき。難民には優秀な人材が多い」と、その積極性を強くアピールした。 これに併せて同社は難民の自立支援に向け、国連難民高等弁務官事務所に3年間で約12億円…

つづきを見る