雑誌

宮脇咲良“HKT卒業”確定!? ファッション誌の情報お漏らしにファン激怒

人気グループ『HKT48』や、グローバルグループ『IZ*ONE』など、日本だけではなく世界を股にかけるトップアイドル・宮脇咲良。つい先日、日本に帰国した彼女だったが、公式の発表を待たずして〝HKT卒業〟の情報が漏れてしまったようだ。 発端は、5月21日発売予定のファッション雑誌『ViVi』7月号でのこと。発売前だが同誌…

つづきを見る

小泉今日子は賛同! 宝島社の“意見広告”に賛否「刺さった」「ダサい」

ファッション雑誌販売部数トップシェアの宝島社が5月11日、企業広告『このままじゃ、政治に殺される。』を朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞の朝刊3紙(全国版)に同時掲載し、大きな話題になっている。 同広告は、《ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戰えというのか。このままじゃ、政治に殺される。》というキャッチコピーととも…

つづきを見る

音楽誌が絶滅寸前!『rockin’on』の“老人特集”に「音楽知識0」

1972年に創刊され、40年以上にわたって愛され続ける音楽誌『rockin’on』。4月7日に発売された同誌5月号の表紙や特集に、ネット上からブーイングが続出している。 同号では、ロックバンド『クイーン』のフレディ・マーキュリーが表紙に。彼の特集や特別付録のポスターもフレディという、彼を全面に押し出した誌面…

つづきを見る

藤田ニコル&『EXIT』兼近の“カップル企画”にアンチ憤慨「需要ある?」

お笑いコンビ『EXIT』兼近大樹とモデル・藤田ニコルが、3月23日発売のファッション誌に登場。〝カップルショット〟に挑戦し、ネット上で賛否を招いている。 同誌には、藤田と兼近の撮り下ろしイチャイチャショットのほか、2人で春メークに挑戦する企画も掲載。マニキュアは人生で初めてという兼近に、ニコルは「遊び人の指じゃないかチ…

つづきを見る

『女性自身』記事“今やめるべき薬”が大炎上!「患者を殺す気か」

『女性自身』3月24・31日合併号に掲載されている『コロナウイルスに負けないために 今、やめるべき薬』という記事が、ネット上で〝大炎上〟を招いている。 記事では新型コロナウイルス対策のため〝薬の服用が免疫力を低下させている!〟として、薬剤師の宇多川久美子氏が、安易に薬を服用することで不用意に免疫力を下げてしまうことを指…

つづきを見る

伝説のギャル誌『egg』が令和に復刊! 再びブームは来るのか…

テレビや新聞でも報じられたが〝ギャル誌〟の元祖といわれた『egg(エッグ)』が復刊した。発売されたのは令和元年初日である5月1日。3万部を刷って即日完売したという。 「1995年に創刊し、最盛期には発行部数50万部を誇ったモンスター雑誌です。創刊の編集長は10数年のキャリアがあったN氏。途中、版元が変わるなど紆余曲折が…

つづきを見る

“付録だけ”が目的の『付録つき雑誌』を断然お得に買う方法

相変わらず女性に大人気の“付録つき”雑誌。有名メーカーの小物やバッグ、コスメ商品がお手軽価格で入手できるため、ネット上には発売日や付録レビューを掲載する専門サイトもあるくらいだ。 最近では人気の付録がつく雑誌は、うっかり買い逃してしまうとすぐに売り切れてしまうため、高額な転売商品を買う羽目になってしまったという人も多い…

つづきを見る

エロス、スリル、猟奇…刺激的過ぎた昭和の「秘境探検マガジン」

夏になるとムクムクと冒険心が湧き起こり、まだ誰も行ったことのない秘境を訪れ、探検してみたいと思うのが“男のさが”というものだ。 だが、秘境が存在したのはとうの昔の話。現在、そんな欲望を満足させるには『キングコング』などの南洋を舞台にした怪獣映画や、グァルティエロ・ヤコペッティ監督が世界中の奇妙で野蛮な風習を描いた『世界…

つづきを見る

木村拓哉に「ダサい」「老けた」など絶望的な指摘が相次いだ理由

8月24日公開予定の映画『検察側の罪人』で初共演した俳優の木村拓哉と二宮和也が、7月24日発売の男性向けファッション誌『UOMO』9月号(集英社)の表紙を飾ることが分かった。両者が揃って表紙に出るのは雑誌史上初だという。 ジャニーズファンにとって大きな話題になりそうだが、インターネット上ではメインとなるはずの“ツーショ…

つづきを見る

月面着陸から半世紀!昭和の少年雑誌が伝えた「アポロ11号」

1969年7月21日午前5時17分(日本時間)、アメリカ合衆国の『アポロ11号』による月面着陸が成功した。当時の子供たちはその瞬間を見逃すまいと親に頼んで起こしてもらい、寝ぼけまなこでテレビ画面に見入ったものだった。 この世紀の大イベントにあやかろうと各少年メディアは一気に加熱。“にわか宇宙少年”を大量生産した。その一…

つづきを見る