雑誌

仰天!昭和の少年誌が妄想した「大要塞」

北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射と、核実験による挑発行為が続いている。 軍事学者のカール・フォン・クラウゼヴイッツは「兵員や装備の条件が同等であっても、防御条件を改善することで攻撃を実施よりも有利に戦うことができる」と、防御の重要さを述べている。いかなる強大な兵器の前でも、防御が完璧であれば戦に負けることはない。逆…

つづきを見る