韓国

韓国の外交政策「ロビー活動」の上手さ

韓国はアメリカ議会の議員らに働きかけるロビー活動がうまい。2007年には慰安婦問題で日本を非難する決議が、アメリカ下院で採択された。それを提案したのは、日系のマイク・ホンダ議員(当時)だが、共同提案者となっていたのがエド・ロイス議員だった。 ロイス議員は2017年には、慰安婦決議から10周年を祝う韓国寄りの学者らも集ま…

つづきを見る

米国軍人と日本軍人の区別もつかない在米中国系反日団体

アメリカでは、社会に貢献した人物の名前を空港や学校などの名称に使うことが多いが、カリフォルニア州パロアルトにある中学校の校名変更を巡り、新校名の候補のひとつに上がった日系人に関して、中国系アメリカ人の父兄が異議を唱えた。 「この人は日系2世のフレッド・ヤマモト氏(故人)で、同氏はパロアルトの高校を卒業し、第二次世界大戦…

つづきを見る

どうなる韓国「親北朝鮮左派VS保守右派」の抗争激化

韓国では李明博(イ・ミョンバク)元大統領、朴槿恵(パク・クネ)前大統領と、1年のうちに大統領経験者がふたりも逮捕されるという異常事態が起きた。だが、傍からは「大統領の末路は哀れな韓国病」としか映らない。 「今回の李元大統領の逮捕は、文在寅大統領の復讐ともっぱらの評判です。というのも、李氏自身が『わたしの在任中に捜査を受…

つづきを見る

藤澤五月「無理やりもぐもぐ」イチゴ強制されていた!?

平昌五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得した『LS北見』の選手5人が、3月21日に地元の北海道北見市でおこなわれた祝賀パレードに参加した。この日は最低気温が氷点下13度と厳しい冷え込みだったが、地元出身者の快挙を称えようと、市発表で約1万2000人が沿道に詰め掛けた。 「すっかり人気者となったLS北見のメンバーたちです…

つづきを見る

カーリング世界選手権に「LS北見」不出場で韓国代表肩すかし

韓国の女子カーリングチームは日本代表として平昌五輪に出場した『LS北見』よりも上の銀メダルに輝いたのだが、リベンジの機会を窺っているという。 「平昌五輪閉幕後、日本のメダリストたちは出身地や縁のある市町村に出向き、メダル獲得の報告と応援のお礼を伝えています。どの選手も各地で熱狂的な出迎えを受けていますが、何と言っても注…

つづきを見る

盗用被害!もぐもぐタイムで話題の「韓国産イチゴ」起源は日本

平昌五輪で日本のカーリング史上初のメダルを獲得した女子カーリングチーム。彼女たちはハーフタイムに摂っていた軽食の“もぐもぐタイム”中、おいしいと絶賛されたのが韓国産のイチゴだ。 日本産イチゴは年々輸出額を伸ばしており、2016年には約11.5億円に達している。2011年度の約1.8億円と比較すると、5年間で約6.4倍に…

つづきを見る

オリンピックは将来「アジアの持ち回り」になる!?

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒選手の所属先は、長野県松本市にある地域医療を担う総合病院の『相澤病院』だ。同病院の小平への援助費は年間で1000万円に達する。 同じく平昌五輪でアルペンスキー女子大回転に出場した石川晴菜選手も、石川県金沢市にある『木島病院』に所属している。2016年…

つづきを見る

女子中高生が牽引する「韓流ブーム第三波」

現在、日本には“韓流ブーム”の第三波が押し寄せている。 2002年ごろ、あの“ヨン様”で有名になった『冬のソナタ』を第一波とすると、その後の『少女時代』、『KARA』、『東方神起』の韓流アイドルブームが第二波。そしていま、女性アイドルグループ『TWICE(トゥワイス)』による第三波の韓流ブームが起きているのだ。 「TW…

つづきを見る

「椅子の高さ」で日本を非難した韓国メディア

アメリカのNBCテレビは、平昌五輪開会式の中継での発言で批判を浴びたジョシュア・クーパー・ラモ氏がコメンテーターから降板したと発表した。 「ラモ氏は開会式の中継で、日本が1910年から1945年にかけて韓国を統治した歴史を説明した上で、『韓国が発展していく上で日本が文化的、技術的、経済的に重要な手本となっているとすべて…

つづきを見る

外国人観光客が仰天した「北朝鮮のスキー場」

平昌五輪開会式における統一旗を掲げた南北合同の入場行進や、女子アイスホッケー合同チームの結成など、韓国の文在寅政権が提案した南北融和策は、すでに国内外から批判を浴びている。 そんななか、2月1日から北朝鮮の馬息嶺(マシクリョン)スキー場では、平昌五輪へ向けた南北合同練習がおこなわれた。しかし、参加した韓国代表団は、初日…

つづきを見る