飲食店

『マック』大行列で“異様な密”…「全員原始人か?モバイルオーダー覚えろ」

大手ファストフード店『マクドナルド』が、秋の風物詩『月見バーガー』の販売を開始。それに伴い、ネット上では「マック」での〝行列報告〟が頻発している。 SNSには、十数人が行列を作っている店舗や、多くの乗用車がドライブスルー待ちをしている報告が相次いだ。証拠の写真をアップしている人もおり、密を回避するためソーシャルディスタ…

つづきを見る

『オモウマい店』ずさんなコロナ対策に批判殺到!「反マスク特集なの?」

9月7日放送の『オモウマい店』(日本テレビ系)に、新型コロナウイルスの感染症対策をしていない店が続々と登場。ネット上で物議を醸している。 この日、トップバッターとして登場したのは、和歌山県にある舟盛り唐揚げを提供する店。少ない量のメニューを作るとストレスがたまるという店主は、一番人気という「カルボ風ラーメン」を大盛りで…

つづきを見る

梅宮アンナの“高級すし店”批判に「行かなきゃいい」「回転寿司でいいじゃん」

タレントの梅宮アンナが8月27日、自身のインスタグラムを更新。高級すし店で不快な思いをしたことを告白し、ネット上では賛否の声があがっている。 梅宮は《最近何やら、このホスピタリティに欠けるお店が、目立って》と切り出し、《味や、芸術面、予約困難を売りにしているのだろう。。何やら偉そうにしてしまう大将。結果マウンティング。…

つづきを見る

東京都“飲食店”に罰金25万円…「深刻な魔女狩り」「矛盾してる」と批判殺到

7月6日に東京都は、緊急事態宣言下で営業時間の短縮に応じなかった飲食店に対して〝25万円〟の過料支払いを命じたと発表。対してネット上では東京都へのヘイトが噴出しており、不満を漏らす声が後を絶たない。 ターゲットとなったのは、1~3月にかけて発令されていた緊急事態宣言下で『営業時間短縮命令』を拒否していた飲食店。東京都は…

つづきを見る

元AKBメンバーが作る“1杯2000円”のラーメンに賞賛「一度は食べてみたい」

アパレルブランドを立ち上げて成功している川崎希や、コスメやカラーコンタクトをプロデュースしている指原莉乃など、元『AKB48』グループメンバーには成功者がいる。そんな中、現在ネット上では、ラーメン屋の店主として活躍している元『バイトAKB』の梅澤愛優香が話題になっているようだ。 梅澤は高校卒業後に「バイトAKB」に合格…

つづきを見る

元“日本一稼ぐキャバ嬢”の寿司屋に酷評…「衝撃を受けた」という店の実情とは

〝日本一稼ぐキャバ嬢〟として有名になったユーチューバーのエンリケが、今年2月に東京・銀座に寿司店『鮨エンリケ』をオープン。ツイッターに「二度と行かない」という食レポがアップされ、ファンをざわつかせている。 エンリケは2019年11月末にキャバクラ嬢を引退。引退式では4日間で5億円を稼いで大きな話題になった。引退後は、エ…

つづきを見る

『月曜から夜ふかし』1日に3度“職質”受けた理由とは「警察もアホかよw」

6月7日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、一般男性が職務質問を繰り返し受けたとのエピソードを披露。職質を受けた理由を明かすと視聴者は驚いている。 この日は「蔵出しスペシャル」と称し、事実上の総集編を放送。八王子で男性3人組にインタビューし、「個人的ニュース」を聞き出した。 勤務しているのが「餃子の居酒屋なん…

つづきを見る

『いきなりステーキ』再炎上!“利益重視”のマニュアルに「やっぱりダメだ」

立ち食いスタイルでステーキを手軽に味わえる『いきなり!ステーキ』。昨年末から閉店する店舗が続出してピンチを迎えているが、この度、社内報に書かれた文言が炎上している。 「いきなりステーキ」の社内報は月一で更新されており、社内報と謳いながらも、ネットで検索すれば誰でも読むことができるのが特徴だ。 5月21日付の社内報289…

つづきを見る

『いきなり!ステーキ』完全終了!? 業績不振で再起不可能だと話題に

度重なる『緊急事態宣言』で大きなダメージを受けている飲食業界。かつて一世を風靡した人気大手チェーンも例外ではないようで、『いきなり!ステーキ』などを運営する『株式会社ペッパーフードサービス』が今、存続の危機に瀕している。 立ち食いスタイルでステーキを手軽に味わえる「いきなりステーキ」の出店をきっかけに、社名を全国に知ら…

つづきを見る

ユーチューバーのせいで経営がピンチに!? 人情系とんかつ店に同情の声

経済的に困窮している人に、とんかつを無料で提供していた『とんかつ店まるかつ』が、ツイッター上で厄介な客層が増えたことを嘆いていた。 ツイートの内容は、《最近元気でお金もある印象の人を中心に「厚切り弁当8個」「ミックス弁当10個」というようなご利用が増えて困惑しています》というもの。本来はお金に困っている人の助けになれば…

つづきを見る