高畑勲

タモリ、加藤茶、宮崎駿… 盟友への“泣ける弔辞”を振り返る

新型コロナウイルスによる肺炎のため、3月29日に70歳で死去した国民的コメディアンの志村けんさん。4月1日に放送された追悼特番『46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)では、加藤茶や高木ブー、仲本工事の『ザ・ドリフターズ』メンバーが集結し、珠玉の名作コントを振り返った。 そして番組の終盤、加藤が「志村、ひど過ぎるぞお…

つづきを見る

Print

故・高畑勲氏が「遺した構想」宮崎駿監督が映画化か

肺がんのため、4月5日に亡くなった映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れの会が、5月15日に東京都の『三鷹の森ジブリ美術館』で営まれた。色とりどりの草花に飾られた祭壇に、微笑む高畑監督の遺影が飾られていた。 盟友である宮崎駿監督は、式辞の最後に「ありがとう、ぱくさん(高畑監督)。55年前に…、あの雨上がりのバス停で声…

つづきを見る

アニメを芸術にした巨匠・高畑勲監督の「未完成作品構想」

宮崎駿監督と並ぶ日本アニメーション界の巨匠で、テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』や映画『火垂るの墓』などを手掛けた映画監督の高畑勲氏が4月5日、肺がんのため東京都内の病院で亡くなった。 「作品に没頭すると、寝食を忘れて会社にずっと泊まり込むほどの高畑監督は、昨年の夏ごろに体調を崩し、その後、入退院を繰り返していました…

つづきを見る