鶴竜

今年4場所中3度目の休場になった鶴竜に「進退問題」浮上

大相撲の横綱の鶴竜が、名古屋場所4日目から休場した。3日目の北勝富士との一番で右足首を痛め、日本相撲協会に《右足関節外側靱帯(じんたい)損傷で約3週間の安静加療を要する見込み》の診断書を提出。鶴竜の休場は2場所連続7度目で、2014年春場所の横綱昇進後では6度目だ。 「横綱の相撲には見えません。鶴竜の相撲は、押し込まれ…

つづきを見る

衝撃デビューから1年半が経過した「怪物」逸ノ城が浮上するためのカギを握るのは…

大相撲の春巡業が4月3日から始まった。 伊勢神宮奉納相撲を皮切りに、4月20日まで各地16カ所をまわっている。 今回の春巡業から、新たに巡業部長に任命された貴乃花親方(43)が、どんなリーダーシップぶりを見せるか注目されている。 元平成の大横綱の実績はやはり大きく、ここまでは、土俵の周りにこれまでよりも汗を流す力士たち…

つづきを見る