黒革の手帖

武井咲結婚で「黒革の手帖」大幅路線変更!?

『EXILE』のTAKAHIROとの結婚を発表した女優の武井咲。すでに妊娠中と報告もあり、放送中だった連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)が改めて注目を集めた。 「9月7日放送の第7話では、武井の演じる原口元子が自分の店を乗っ取られそうになり、『クラブのママでいたかったら靴を舐めて』と元同僚の山田波子(仲里依紗)に…

つづきを見る

武井咲がドラマでも妊娠!視聴者騒然の事態

9月7日に放送された連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で、主役の武井咲の演技と、武井の所属芸能事務所の先輩に当たる真矢ミキの台詞が「リアルすぎて怖い」と話題なっている。 第7話の放送では、政財界のフィクサーである長谷川庄治(伊東四朗)が、原口元子(武井咲)を蹴落としたいと思っている人々を操り、罠を仕掛けた。それに…

つづきを見る

黒革の手帖が視聴率10%割れ目前!武井咲に「女優限界論」

現在、連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)に主演している武井咲に“女優限界”という意見が出ている。同ドラマは第6話の平均視聴率が10.1%で、全話通しての平均視聴率は11.1%。第3話以降は下がり続けている。 「今クールは『コード・ブルー』(フジテレビ系)が強いと当初から予想されていたため、黒革の手帖は“2位狙い”…

つづきを見る

黒革の手帖「変態演技」の高嶋政伸が好評の理由とは

連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で大手予備校理事長の橋田常雄役を演じる高嶋政伸は、主人公の武井咲が演じる原口元子に惚れ込んでストーカーと化していく。その粘着質な元子への口説き方が、インターネット上で話題になっている。 「橋田は予備校を運営しながらも、裏口入学でボロもうけしているという設定です。元子は子息を医者に…

つづきを見る

「黒革の手帖」での悪女がハマリ役になった内藤理沙

女優の内藤理沙が、現在放送中の『黒革の手帖』(テレビ朝日系)を含め、3クール続けて連続ドラマへの出演を果たして注目されている。同ドラマでは旅館の仲居からホステスへ転身する役を演じ、「妖艶な演技と立ち振る舞いは主役の武井咲以上の存在感」だとテレビ朝日関係者からも評価されている。 内藤は8月10日放送の黒革の手帖第4話で、…

つづきを見る

全開!「女のいやらしさ」を演じた高畑淳子と仲里依紗に高評価

7月27日に放送された連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で、高畑淳子と仲里依紗が演じたシーンと、台詞のすごさが話題となっている。 第2話では、銀座にクラブを構えた主人公の原口元子(武井咲)が、借金を抱える元同僚の山田波子(仲)を自分の店で働かせるシーンから始まる。男を自由に操る術を見つけた波子は、クリニック院長の…

つづきを見る

武井咲は鉄板の人気ドラマ「黒革の手帖」でも失敗するのか

武井咲の主演する連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)が7月20日にスタートした。初回は15分拡大版で放送され、平均視聴率は11.7%だった。これをいい数字だったと捉えるか、悪い結果だったと捉えるかは微妙だという。 「テレビ朝日は大規模な宣伝をかけて、15%越えを読んでいたそうですから、がっかりしたようです」(テレビ…

つづきを見る

「黒革の手帖」武井咲に「若過ぎて見るに堪えない」厳しい評価

7月20日から武井咲主演の連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)がスタートした。松本清張作品のなかでも屈指の人気を誇る作品なだけに、期待も高い本作だが、早くも失敗を予感させる書き込みがSNSで散見されている。 《武井では若過ぎる。やはり米倉涼子がやった『黒革の手帖』のイメージが抜けない》 《全然似合わない 清張モノな…

つづきを見る

木曜ドラマ・黒革の手帖に「あり得ない3つの場面」ツッコミ殺到

今クール(7~9月期)に放送される連続ドラマのなかでも特に話題となっている『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の初回が、7月20日に放送された。しかし、“あり得ない3つの場面”が脚本家たちのあいだで物議を醸しているという。 東林銀行世田谷北支店で派遣行員として働く原口元子(武井咲)は、すでに他界した親の残した借金を返済するた…

つづきを見る

ドラマ「黒革の手帖」米倉涼子のイメージを払拭できない武井咲

7月20日に放送された連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で、主演の武井咲と、同じ芸能事務所所属のさとうほなみの、演技力のなさや存在の薄さが話題となっている。 この日は第1話の放送で、父親が亡くなったあとに母親が背負った借金の返済を肩代わりしていた原口元子(武井)が、東林銀行で派遣社員として働きながら夜はホステスと…

つづきを見る