5時に夢中!

「二世ならでは」松田ゆう姫“歩きタバコ”逆切れエピソードにドン引き…

タレントの松田ゆう姫が、5月25日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。他人に激怒された経験を明かしたが、ネット上で呆れ声が広がっている。 「最近、人に怒られたことがあったか」という話題を振られると、松田は「結構前ですけど。友だちと2人で歩いていたんですよ。私が前を歩いていて、友だちが電子たばこ、歩きたばこ…

つづきを見る

80歳手前・おすぎとピーコの“終活”…地方に移住し「老老介護」の日々

双子のオネエタレント・おすぎとピーコとして活躍したピーコが、おすぎの介護を告白したのは昨年末のこと。2000年代に一世を風靡した人気タレントも、今や〝終活〟に入っているようだ。 昨年12月、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したピーコは、悲しげな様子で「あの人がちょっと具合が悪くなって、面倒見てやらないとダメな…

つづきを見る

マツコが“毎週見ている”テレビ番組は? 地上波テレビに足りないものを指摘

凋落が叫ばれて久しく、斜陽産業の一途を辿るテレビ界。その改革案をマツコ・デラックスが提案し、ネット上で反響を呼んでいる。 マツコは3月14日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)にレギュラー出演。この日の番組では、BS民放5局が垣根を越え、『TOKIO』と各局の人気番組をコラボさせた特別企画に触れた記事が紹介された…

つづきを見る

ヒコロヒー“整形疑惑”を完全否定! ぱっちり二重の真相とは…

ピン芸人のヒコロヒーが、自身に向けられた〝ある疑惑〟を完全否定している。 ヒコロヒーは2月11日に新型コロナウイルス感染を公表。以降の芸能活動を休止し、療養後に復帰することとなった。この休止期間をめぐり、ヒコロヒーは『5時に夢中!』(TOKYO MX)や、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』…

つづきを見る

マツコが“言葉狩り”にウンザリ…「奥様」「主人」呼びはマズいのか?

2月7日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、コメンテーターとしてタレントのマツコ・デラックスが登場。番組では配偶者の呼び方に関する話題が飛び交い、マツコが展開した持論が、ネット上で大きな反響を呼んでいる。 同日の番組では他人の配偶者に対する「奥様」や「ご主人」といった呼び方が、失礼になるのかというトークが繰り…

つづきを見る

ヒコロヒー“自身への批判コメント”に言及「なにがきっかけで出てきたの?」

お笑い芸人のヒコロヒーが、ネット上でよく揶揄される事柄に対して、ついに反論した。ヒコロヒーは、2月4日に更新されたYouTubeの『さまぁ~ずチャンネル』に出演。『【ヒコロヒー】爆売れ2021を振り返ったら涙が溢れそうになった』というタイトルの回で、文字通りヒコロヒーの2021年の活躍を、グラフを用いながら振り返ってい…

つづきを見る

ヒコロヒー“新手の痴漢”被害を告白! 勇気ある行動に「男でもできないよ」

お笑い界屈指の色気が漂う美人ピン芸人・ヒコロヒーが、2月2日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)にレギュラー出演。電車内での理不尽な体験を赤裸々に明かしたところ、ネット上で称賛を浴びているようだ。 この日は視聴者投票で「あなたは理不尽にキレられたことがありますか?」という体験談を募集し、出演者一同もこれについて語…

つづきを見る

松田ゆう姫の“電車内トラブル”に賛否!「マナー違反」「怒鳴る方が迷惑」

タレントの松田ゆう姫が2月2日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。電車内でキレられた経験があることを明かした。 この日、番組は「あなたは理不尽にキレられたことがありますか?』というテーマで進行していった。 松田は「電車に乗ってる時、コンパクトミラーを開けて、リップを塗っていたんですよ」と車内で化粧していた…

つづきを見る

マツコが“嫌われ女性タレント”を絶賛!「変な者同士」「めっちゃおもろい」

良く言えば破天荒、悪く言えば非常識なタメ口キャラの下品な芸風で、高齢者を中心に超が付くほど嫌われているお笑いユーチューバー・フワちゃん。しかし、12月20日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが意外な評価を口にした。 月曜レギュラーで株式トレーダーの若林史江氏が産休のため、代理のコメンテータ…

つづきを見る

マツコ“女子アナの性接待”を大暴露! 大橋未歩も「生け贄だと思っていた」

哀れで醜い老いたおじさんが、唯一自己肯定感を高めてもらえる機会〝接待〟。しかし、付き合わされる女性にとっては、迷惑以外の何物でもないだろう。この滅ぶべき商慣習について、11月8日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で驚きの事実が語られた。 この日、話題のトピックを紹介するコーナーで飛び出したのは、会社の〝忘年会文…

つづきを見る