5時に夢中!

マツコ“女子アナの性接待”を大暴露! 大橋未歩も「生け贄だと思っていた」

哀れで醜い老いたおじさんが、唯一自己肯定感を高めてもらえる機会〝接待〟。しかし、付き合わされる女性にとっては、迷惑以外の何物でもないだろう。この滅ぶべき商慣習について、11月8日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で驚きの事実が語られた。 この日、話題のトピックを紹介するコーナーで飛び出したのは、会社の〝忘年会文…

つづきを見る

ヒコロヒーの“コメンテーター起用”に賛否「楽しみ」「態度悪いだけ」

バラエティー、ドラマ、エッセイ出版と、今年最もブレークした芸人の1人に数えられるピン芸人・ヒコロヒー。その勢いを印象づけるように、彼女に新たな仕事が舞い込んできた。 10月13日、TOKYO MXは『5時に夢中!』の新水曜レギュラーにヒコロヒーを起用すると発表した。現在の同曜日は、故・松田優作さんの娘にして、松田龍平・…

つづきを見る

足立梨花“他人に興味ない”発言にアンチ爆発!「だから志村さんの時に…」

タレント・足立梨花の〝失言〟が再び炎上している。 足立は10月5日『5時に夢中!』(TOKYO MX)にゲスト出演。この日、番組では『足立梨花の愚痴ボンバー』と題し、同番組初出演となった彼女に、愚痴や悩みを尋ねる企画が行われた。 足立は「他人に興味がない」と切り出し、「自分のとても大好きな家族や大好きな友達のことはすご…

つづきを見る

大橋未歩“裏アカ所有者”をバッサリ切り捨て!「デリカシーない」の声も…

元テレビ東京でフリーアナウンサーの大橋未歩が9月29日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。ツイッターなどSNSの〝裏アカウント〟について苦言を呈したが、ネット上では呆れ声があがっている。 この日の番組では、一般企業が選考の際、就職活動中の学生の本当の人柄を見るためにSNSの〝裏アカウント〟まで調査していること…

つづきを見る

マツコ「上司より高いメニューを頼むな」論争に苦言! ネット上でも大議論に…

今やすっかりご意見番と化したマツコ・デラックスの持論が、またもネット上で議論を呼び起こした。 9月6日、マツコは月曜コメンテーターを務める『5時に夢中!』(TOKYO MX)に生出演。この日、番組では討論コーナーで「上司とのランチで〝上司より高いメニュー〟を頼むのはマナー違反か?」というネット記事が紹介され、これが今回…

つづきを見る

大橋未歩が“山寺宏一の年の差婚”にやっかみ?「根に持ってるな…」

6月16日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、元テレビ東京でフリーアナウンサーの大橋未歩が発した〝物言い〟が物議を醸している。 この日は、声優でタレントの山寺宏一が、31歳年下のタレント・岡田ロビン翔子と3度目の結婚を果たした話題を取り上げた。そしてこの結婚を称賛する記事を取り上げたところ、大橋は「私も何かと…

つづきを見る

ミッツ『ヒルナンデス!』自主降板の理由を明かすも「クビじゃないの?」

2018年9月まで『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)レギュラーを務めていたミッツ・マングローブが、6月4日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で降板の裏側を語った。 この日、番組では「偏食の人とお付き合いできる?」というトピックが取り上げられ、出演者たちが議論することに。ミッツは「私は何でもおいしいんです。よっぽ…

つづきを見る

マツコ・デラックス“おじさん姿”でのテレビ出演に驚き「なんでなの!」

『5時に夢中!』(TOKYO MX)月曜コメンテーターのマツコ・デラックスが、3月22日の放送で1年ぶりにスタジオ出演。ただの中年男性になったような姿に、視聴者の驚きが噴出した。 この日は、2012年4月から9年間MCを務めてきたふかわりょうが、月曜日に出演する最後の放送回。コロナ禍以降、月曜コメンテーターは電話出演だ…

つづきを見る

元日テレ・上田まりえの“ラジオ終了”に納得の声「恩を仇で返す人」

元日本テレビアナウンサーの上田まりえがパーソナリティーを務めるラジオ番組『なな→きゅう』(文化放送)が3月26日に終了する。これに関し、上田が心境を語ったが、ネット上では呆れ声があがっている。 上田は『中日スポーツ』の取材に対し、「番組はいろんな〝ななきゅうバー(リスナー)〟との出会いと自分が抱いた目標をかなえてくれた…

つづきを見る

“裏で態度が悪い”男性アナは誰!? 江原啓之の共演NG暴露に憶測の声

スピリチュアリストでタレントの江原啓之が、10月28日放送の『5時に夢中』(TOKYO MX)に出演。共演NGのアナウンサーがいることを明かした。 この日、番組では中井貴一と鈴木京香が主演するドラマ『共演NG』(テレビ東京系)の話題にふれ、芸能界で共演NGのケースが多いと解説。すると江原が「私、共演NG、結構いますよ」…

つづきを見る