J-POPアーチスト

FNS歌謡祭『うっせぇわ』カバーに絶賛!「Adoより好き」「本家以上に鳥肌」

7月14日放送の大型音楽特別番組『2021 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)に、ファーストサマーウイカが登場。Adoの『うっせぇわ』をカバーし、視聴者から大きな注目を集めている。 ウイカがカバーを披露したのは、「『今、届けたい名曲』18分ノンストップメドレー」のコーナー。『THE ALFEE』の高見沢俊彦とタッグを組…

つづきを見る

『FNS歌謡祭』優里の“弾き語り”にツッコミ「ギター持つ意味あった?」

シンガーソングライターの優里が、7月14日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演。名曲を歌い上げたものの、ギターを持つ姿に視聴者からツッコミが相次いでいる。 この日の優里は、黒い服に白スニーカー姿。ギターのストラップを肩にかけてヒット曲『ドライフラワー』を披露した。曲前には相葉雅紀、永島優美アナウンサーとトークも…

つづきを見る

上白石萌音『スッキリ』での名曲カバーも不評…「棒読みならぬ棒歌唱」

7月14日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、ここ最近アーティストとしても活躍している俳優の上白石萌音が出演。名曲のカバーを披露したが、再び不評を買ってしまっているようだ。 この日、上白石が披露したのは、番組のために構成されたスペシャルメドレー。布施明の『君は薔薇より美しい』、スターダストレビューの『ブラックペッパー…

つづきを見る

『TOKYO MER』GReeeeNの歌が雰囲気ぶち壊し?「今すぐ変えるべき」

7月11日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第2話が放送。ネット上では同作の主題歌がブーイングを浴びているようだ。 事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修…

つづきを見る

RAD・野田洋次郎“ロッキン中止”への苦言が炎上「はっきり言って情けない」

4人組ロックバンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎が大炎上している。 野田は野外音楽フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』の中止が7月7日に発表されると、納得がいかなかったのか、翌8日に自身のツイッターを更新。長文で《極めて個人的な想いとしては『ふざけんな』という気持ちです》と異議を…

つづきを見る

『Mステ』2組の“レア出演者”に音楽ファン感涙!「歴史的瞬間」「鳥肌立つ」

7月9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、2組のコラボアーティストがゲスト出演。他の追随を許さない圧倒的なパフォーマンスを見せつけ、ネット上で大きな注目を集めていた。 1組目のコラボアーティストは、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の主題歌を歌う『STUTS&松たか子 with 3e…

つづきを見る

『Mステ』いきものがかりが“100ワニ”を見捨てた!?「ワニの曲と思ったら…」

7月9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、スリーピースバンド『いきものがかり』が登場。最近公開された映画の主題歌を担当した彼女らだが、番組で披露した楽曲は違ったようで、視聴者からツッコミの声が続出している。 今年の夏をもってメンバーの山下穂尊が脱退し、以降は水野良樹と吉岡聖恵の2人で活動していく「い…

つづきを見る

『Mステ』上白石萌音の名曲カバーが大不評!「カラオケ感ハンパない」

7月9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、上白石萌音が出演。役者ながら時にはアーティストとしても活躍する彼女が、往年の名曲をカバーしたのだが不評の声があがっている。 この日、上白石と池田エライザがそれぞれ名曲をカバー。2人はプライベートでも仲良しとのことで、パフォーマンス前のトークでは親友ならではの…

つづきを見る

DAIGOが“政界”進出!? 後継者案に「知名度だけは抜群」「実績も経験も無い」

タレントでミュージシャンのDAIGOが、いよいよ政界に進出するのではないかとウワサされている。 自民党島根県連は7月8日、竹下亘元総務会長が次期衆院選に出馬せず、政界を引退すると発表。竹下氏は2019年に食道ガンを患っており、74歳という年齢や体調を考慮して、今季限りで身を引くという。 そんな中、浮上したのが日本語フレ…

つづきを見る

『THE MUSIC DAY』Ado“生出演”にバッシングの嵐! 今週の“テレビ事件簿”ランキング

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します。(7/8配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 THE MUSIC DAY : 『THE MUSIC DAY』Ado“生出演”にバッシング…

つづきを見る