JKビジネス

警察が夏休み前にJKビジネス「一斉摘発」に乗り出す

警察がアキバ系の“ライト風俗”を、あらゆる法を駆使して完全壊滅に動き出した。 7月13日に、風俗営業許可店として合法であることを宣伝していた東京の大塚にある人気“見学クラブ”が、《警察の立ち入り調査が入った》とブログで明かし、突如閉店した。そのため、同様の風俗業者や、利用客の間に動揺が広がっている。

つづきを見る

JKビジネス業者が摘発逃れに雇いはじめた「新18歳」とは?

18歳未満の女子高生(JK)らを働かせていたとして、警視庁は6月半ば、東京・歌舞伎町の出会い系業者『制服相席屋』店長を風営法違反容疑で逮捕した。 JKらが『裏オプション(裏オプ)』と称して客にサービスをするのが当たり前の、こういった『JKビジネス業者』は根絶されていたかと思われていたが、まだ現実に存在していたことが明ら…

つづきを見る

一網打尽!大詰めを迎えたJKビジネス最終摘発シナリオとは

現役女子高生の接客を売り物にするJKビジネスが、最終局面を迎えている。 警視庁保安課は9月上旬、女子高生がマジックミラー越しに下着を見せる「JK見学クラブ」を無許可で営業したとして、興行場法違反容疑で、『アイドル学園すた☆ぷろ』の経営者(52)を逮捕した。同容疑者は容疑を認めている。 JKビジネス関連では、労働基準法や…

つづきを見る