MLB

侍ジャパンWBC6戦全勝で準決勝の舞台アメリカへ

3月15日に2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドE組の最終戦2試合が行われ、野球日本代表『侍ジャパン』はイスラエルを8対3で下し、この大会6連勝で決勝ラウンドへの進出を決めた。 イスラエル戦はこれまでの5試合とは違い、試合中盤までスコアボードにゼロが並んだ。得点はするが早いイニングで失点し…

つづきを見る

侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。侍ジャパンは今大会5連勝で、ベスト4の出揃う決勝ラウンドへの進出に王手を掛けた。 キューバとは1次ラウンドでも対戦し、侍ジャパンは終始リードをする展開で11対6というスコアで勝…

つづきを見る

WBC今大会最高の熱戦を制した侍ジャパンの勝因とは

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドが始まり、プールBからプールEへ勝ち進んだ野球日本代表『侍ジャパン』は、3月12日にオランダと対戦し、6対8で勝利を収めた。 試合は十一回までの延長戦になり、午後7時8分に始まった試合は4時間46分にも及んだ。試合が終わったのは日付が変わる寸前だった。 …

つづきを見る

侍ジャパンWBC2戦目も勝利!打線は好調も…

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、4対1で勝利した。これで侍ジャパンは1次ラウンドで2連勝になり、2次ラウンド進出の可能性はかなり濃厚となった。 オーストラリア戦のために侍ジャパンの主力選手たちがグラウンドに現れたのは、午後4時50…

つづきを見る

WBCで日本が初戦勝利も投手陣が抱える「不安材料」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが始まり、日本は初戦でキューバと対戦し、11対6で勝利を収めた。試合結果は大差での勝利だが、課題も見つかっている。MLBから派遣された審判団との“相性”である。 「日本の審判ならストライクとコールするような内角の投球を、ボールと判定される場面が目立ちました…

つづきを見る

打撃と走塁でWBC初戦勝利を引き寄せた侍ジャパン

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦が3月7日に行われ、野球日本代表の『侍ジャパン』はキューバと対戦し、白星スタートを切った。 その立役者は、追い上げてくるキューバを突き放した3点本塁打を放った松田宣浩だという。松田は壮行試合と練習試合では結果を出せず、スターティングメンバーの三塁手には…

つづきを見る

チケットは価格割れ…アメリカでWBCの不人気ぶりがあらわに

日本では第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への期待が日に日に高まっているが、準決勝と決勝戦の舞台となるアメリカでは、ほとんど興味を持たれていないようだ。 「日本ではWBCへ参加する日本代表『侍ジャパン』に対し、世界一の奪還への期待があります。しかし、アメリカではまるで“暗黙の了解”でもあるかのように、W…

つづきを見る

イチローと羽生結弦という二人の天才に共通すること

フィギュアスケートの羽生結弦(22)が、MLBのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー(43)のようになっていると評判だ。 イチローはMLB1年目(当時シアトル・マリナーズ)で首位打者、盗塁王などになり、新人王と年間MVPを同時獲得した。すでにMLBだけで3000安打を達成し、日米通算では4300安打を超えている。 「…

つづきを見る

所属チームは前向き…イチローがWBC侍ジャパンに招集される可能性

2017年3月に開催される『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』を戦う野球日本代表『侍ジャパン』に、イチロー(43=マイアミ・マーリンズ)が合流する可能性が出てきた。 オフシーズンの恒例行事であるウインターミーティングに参加したマーリンズのマイケル・ヒル編成本部長は、「彼がWBCへ行きたいならサポートする」と…

つづきを見る

大谷翔平は2~3年のうちにポスティング移籍でMLB移籍

アメリカの野球専門誌『ベースボールアメリカ』で、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が大きく取り上げられている。 この時期のアメリカの野球の話題は、MLBのサイヤング賞やシーズンMVPを予想する記事が多くなるのだが、《日本のプロ野球でとても魅力的なことが起こった》とし、大谷が日本最速かつ自己最速を更新する球速1…

つづきを見る