NASA

驚きの都市伝説…超大金持ちだけが入手可能な『UFO自作キット』の正体

今、アメリカでまことしやかに囁かれているトンデモないウワサ――。何と個人資産10億ドル(日本円で1000億円)以上の超大金持ちだけに、「NASA=アメリカ航空宇宙局から1億ドル(100億円)と引き換えに『UFO自作キット』が配布される」という。 もちろん、このUFOキットはオモチャではなく、首尾よく完成させれば、本物の…

つづきを見る

ガンダムの超兵器『ソーラ・レイ』が現実化!? 人類滅亡へ一直線か

アメリカ海軍が配備する指向性エネルギー兵器『AN/SEQ-3レーザー兵器システム』通称『LaWS』は、米軍が2014年に開発した世界初となる艦船搭載型の〝赤外線レーザー〟だ。命中精度は高いが最大射程距離が5キロほどと短く、現在はせいぜい接近してくる不審船を焼き払うぐらいしか使い道がないらしい。 だが、この「LaWS」に…

つづきを見る

日常に潜む!? 「寄生型宇宙人」の脅威とその卑劣な手口とは…

〝寄生型宇宙人〟とは、ある星を支配している知的生命体の体内に寄生してコンロール下に置き、その星ごと乗っ取るという、非常に恐ろしい宇宙人のことだ。NASAの専門家によると、この寄生型宇宙人が既に地球には多数潜伏しているという…! 彼らの体は透明で人の目には全く見えず、宇宙空間を絶えず移動し、侵略できる星を探し当てると、集…

つづきを見る

ついに迫る地球滅亡の危機!? 月面で目撃されたUFO編隊の正体とは

去る5月18、月面を飛行する〝怪しげなUFO編隊〟が目撃された。 この黒い点の様なUFOは、ロシアの首都モスクワで月の観測をしていた天文ファンによって公開され、たちまち話題となり、短期間でコメントが780以上も投稿されるなど、NASAの陰謀説や地球侵略説を含め、UFOマニアの間で激しい議論になっている。   …

つづきを見る

NASA国際宇宙ステーションのライブカメラに映り込んだ「なんじゃこりゃ!?」

6月10日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の国際宇宙ステーションのライブカメラに、非常に奇妙な物体が映り込んでいることが分かった。 UFO研究家のスコット・C・ワーリング氏は「これらは藻類のプランクトンに似ています。動物プランクトンではなく、植物プランクトンと思われるので、動きがとても遅いです。これらは光合成を行って生…

つづきを見る

NASAの陰謀?UFOに攻撃された『ファルコン9』を巡る暗闘

これは2017年『NASA』(アメリカ航空宇宙局)が管理する『ケープカナベラル空軍基地』から打ち上げられた『ファルコン9』ロケットの模様を撮影した動画だが、なんと打ち上げの直後、ファルコン9がUFOの攻撃によって「墜落した」というのだ! こちらがその決定的瞬間を捉えた映像だ。確かに右下の方向から単発のビーム兵器だろうか…

つづきを見る

“天使”が火星に!? NASA『火星探査機』からの衝撃画像

火星に、肉体を持たない精神エネルギー体の“天使”がいた!? NASAはこの謎の生命体を発見し、ショックを受けているという。 NASAの火星探査機が送信してきた画像に、奇妙な光が写っていた。NASAはホームページに探査機からの膨大な数の画像をすべてアップしているが、その中にあったものを“エイリアンハンター”が発見した。 …

つづきを見る

火星で動物の群れを発見!?

火星無人探査ローバーは日々、火星の表面を探査し、画像をアメリカ航空宇宙局(NASA)に送信し続けている。そのなかでも最近、撮影された数枚が衝撃的な画像だった。不毛な“赤い惑星”である火星の表面に、まるでバッファローの群れのように、多数の動物が繁栄しているかに見える画像があったためだ。それどころか、牧場のように動物の群れ…

つづきを見る

「無人ロケット大爆発」にUFOが関与?その裏には驚きの陰謀説!?

この画像は、2016年1月にアメリカのフロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地から打ち上げ予定だった『スぺースX社』の無人ロケット『ファルコン9』が、燃料試験中に突如大爆発をおこしたときのものだ。よく見るとその背後に“ありえないもの”が写っている。   UFOの攻撃!? この画像は、ロケット発射台を監視する定…

つづきを見る