UFO

「無人ロケット大爆発」にUFOが関与?その裏には驚きの陰謀説!?

この画像は、2016年1月にアメリカのフロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地から打ち上げ予定だった『スぺースX社』の無人ロケット『ファルコン9』が、燃料試験中に突如大爆発をおこしたときのものだ。よく見るとその背後に“ありえないもの”が写っている。   UFOの攻撃!? この画像は、ロケット発射台を監視する定…

つづきを見る

ザンビア上空に100m超「巨大飛行物体」出現!秘密結社が関与か

アフリカにあるザンビア共和国の大都市、キトウェに突如、巨大な飛行物体が出現した。この光景を信じられるだろうか? 全長は100メートル以上だと推定され、約30分もの間、大型ショッピングモールの上空を漂い続けたという。買い物客らは「神の啓示か?」と恐れおののき、空に向かって拝み始める者など、収拾のつかない大混乱となったのだ…

つづきを見る

アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!?

「アポロ11号の月面着陸」は日本の教科書にも書いてある歴史的な大偉業だ。なんと、そのアポロ11号から月面を撮影した写真の中にロケットのようなUFOが映り込んでいたというのだ! この写真は月面を初めて歩いた2人の宇宙飛行士ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン操縦士を乗せた月着陸船『イーグル』の船内から撮られたも…

つづきを見る

「魂と魂の交流」指を喉まで…女性がエイリアンとの交流告白

またもや「私はエイリアンと人類のハーフです」と主張する女性が現れた。本サイトでこれまで紹介してきた、エイリアンとのハーフを自称する若い女性たちは、注目を集めてアクセスを稼ぎ、ユーチューブなどで儲けようとしていた可能性もある。今回はオーストラリアのクイーンズランド州ブリスベン出身の64歳のジュディ・キャロルさんだ。 幼少…

つづきを見る

偉大なギタリストが「シリウス星エイリアン」との交流を告白!

アメリカの雑誌『ローリングストーン』が選ぶ“最も偉大なギタリスト100人”のなかのひとりであるデイヴ・デイヴィスが、長年にわたってエイリアンと交流してきたことを明かした。3月末にニューアルバム『オープン・ロード』をリリースし、メディアのインタビューを受けた際の発言だ。 1964年に結成されたロックバンド『キンクス』はロ…

つづきを見る

世界各国で次々に公開され始めたUFO情報

まもなく世界中にエイリアンの存在が公表されるかもしれない。 エイリアンの真実を公開するための国際ロビー団体『ザ・ディスクロージャー・アクティビスツ(情報開示の活動家)』は、「驚くべきことに、世界各国の政府は『地球外知的生命体が存在するどころか、すでに地球に住んでいる』という緊急声明を出す準備に追われているのです」と明か…

つづきを見る

元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表か

アメリカを代表するポップパンクバンド『ブリンク182(ワンエイティートゥー)』の元フロンロマン、トム・デロングが「2カ月以内にUFOとエイリアンに関する超ビッグな情報公開が行われる」と宣言した。 トムはミュージシャンからUFO研究家に転身し、3月上旬に開催された国際UFO会議で『UFOリサーチャー・オブ・ザ・イヤー』に…

つづきを見る

インタビュー動画が物議を醸す「エイリアン・ハイブリッド」の謎

身長190cmでブロンドヘアに碧眼の女性のリサが、「わたしはエイリアンと人間の子供。『エイリアン・ハイブリッド』です」と告白している。 これまでにも、エイリアン・ハイブリッドを自称する人間は何人もいた。 リサは、「1975年に、ママが妊娠していて、ひとりの男の胎児がおなかにいた。そのときに、ふたりのエイリアンに遭遇した…

つづきを見る

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?

人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。 アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。 エイリアンやUFOに関する機密…

つづきを見る

イギリスでウシを拉致するUFO写真が撮影された!

イギリス南西部のデヴォン州のダウリッシュ・ウォーレンで、遺伝子実験のためにウシを拉致するUFOが撮影された。複数のイギリスメディアが報じている。 先月、UFOチェイサー(追跡者)で、『ワールド・UFO・フォトズ』というグループの主任撮影者のジョン・ムーナー氏がUFOを撮影した。ムーナー氏は「これはエイリアンが遺伝子実験…

つづきを見る