UFO

元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表か

アメリカを代表するポップパンクバンド『ブリンク182(ワンエイティートゥー)』の元フロンロマン、トム・デロングが「2カ月以内にUFOとエイリアンに関する超ビッグな情報公開が行われる」と宣言した。 トムはミュージシャンからUFO研究家に転身し、3月上旬に開催された国際UFO会議で『UFOリサーチャー・オブ・ザ・イヤー』に…

つづきを見る

インタビュー動画が物議を醸す「エイリアン・ハイブリッド」の謎

身長190cmでブロンドヘアに碧眼の女性のリサが、「わたしはエイリアンと人間の子供。『エイリアン・ハイブリッド』です」と告白している。 これまでにも、エイリアン・ハイブリッドを自称する人間は何人もいた。 リサは、「1975年に、ママが妊娠していて、ひとりの男の胎児がおなかにいた。そのときに、ふたりのエイリアンに遭遇した…

つづきを見る

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?

人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。 アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。 エイリアンやUFOに関する機密…

つづきを見る

イギリスでウシを拉致するUFO写真が撮影された!

イギリス南西部のデヴォン州のダウリッシュ・ウォーレンで、遺伝子実験のためにウシを拉致するUFOが撮影された。複数のイギリスメディアが報じている。 先月、UFOチェイサー(追跡者)で、『ワールド・UFO・フォトズ』というグループの主任撮影者のジョン・ムーナー氏がUFOを撮影した。ムーナー氏は「これはエイリアンが遺伝子実験…

つづきを見る

トランプの大統領選勝利は「UFOを信じる人」たちから票を獲得したおかげ!?

世界中のUFOマニアが注目していたアメリカ大統領選挙で、ドナルド・トランプ氏が勝利した。 その選挙の最中に、トランプ氏の人種差別発言で、エイリアンの存在を真剣に信じるUFOマニアの票が、トランプ氏に流れたという噂も出ている。 UFOマニアの存在は馬鹿にできるものではない。ナショナルジオグラフィック誌のアンケートでは、U…

つづきを見る

雲の一種「ケムトレイル」を消し飛ばしたUFOの真意

UFOが『ケムトレイル』を消し飛ばす場面が撮影された。 ケムトレイルとは、飛行機が化学物質を空中に撒きながら飛行することで発生する、飛行機雲に似た長細い雲のことだ。 9月末に、フランスのパリの空でケムトレイルが発生した。UFOマニアは「飛行機雲(コントレイル)だという説もあるが、飛行機雲よりはるかに長時間、空中に残り続…

つづきを見る

世界中で昔ながらの「葉巻型UFO」目撃が増えている

イギリスで9月中旬に、非番の警官2名が、イングランド北東部のダラム州コンセットで、葉巻型UFOを撮影した。 空高く、銀ピカに光る葉巻のような物体が縦に浮いているように見える。周囲には何も存在していないので、独立して浮かんでいる。 UFOマニアは「動画では、手ぶれのせいか物体が動いているように見えるが、実際は動いておらず…

つづきを見る

世界最古のUFO写真撮影地に現れた「ベル型UFO」

ある登山家たちが7月末、アメリカのニューハンプシャー州にあるワシントン山(標高1917m)の頂上で、登頂を記念して写真撮影した。 その写真になにかが写っているということで、画像を拡大したところ、UFOらしき物体が写り込んでいたのだ。 写真は民間UFO調査団体『MUFON』に送られた。撮影者は「UFOが遠くから私たちを監…

つづきを見る

有望なUFO研究家が相次いで謎の死を遂げたことで「暗殺」疑惑が浮上

7月16日、ポーランドでUFO研究家のマックス・スパイアーズ氏の遺体が発見された。 同氏は生前、「政府の極秘プロジェクト“スーパーソルジャー”に携わっていた」と主張していた。 あるUFO研究家は「スーパーソルジャー計画とは、米軍が極秘に行っていた遺伝子改造計画です。たとえば、人間の胎児にジャッカルの遺伝子を組み込んだ遺…

つづきを見る

マイク・タイソン世紀の一戦に「タイムトラベラー」が観戦に来ていた!

タイムトラベラーが存在する証拠が発掘された。1995年に行われたボクシングの、マイク・タイソンの試合中に、観客席にタイムトラベラーが映っていたのだ。 1995年8月19日のタイソンとピーター・マクリーニーの試合でのこと。ボクシングで無敵だったタイソンだが、1991年にレイプ事件を起こし、刑務所に服役した。その後、199…

つづきを見る