WBC

侍ジャパンWBC2戦目も勝利!打線は好調も…

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、4対1で勝利した。これで侍ジャパンは1次ラウンドで2連勝になり、2次ラウンド進出の可能性はかなり濃厚となった。 オーストラリア戦のために侍ジャパンの主力選手たちがグラウンドに現れたのは、午後4時50…

つづきを見る

WBCで日本が初戦勝利も投手陣が抱える「不安材料」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが始まり、日本は初戦でキューバと対戦し、11対6で勝利を収めた。試合結果は大差での勝利だが、課題も見つかっている。MLBから派遣された審判団との“相性”である。 「日本の審判ならストライクとコールするような内角の投球を、ボールと判定される場面が目立ちました…

つづきを見る

打撃と走塁でWBC初戦勝利を引き寄せた侍ジャパン

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦が3月7日に行われ、野球日本代表の『侍ジャパン』はキューバと対戦し、白星スタートを切った。 その立役者は、追い上げてくるキューバを突き放した3点本塁打を放った松田宣浩だという。松田は壮行試合と練習試合では結果を出せず、スターティングメンバーの三塁手には…

つづきを見る

WBCしか中継しない地上波にシーズンとのセット販売案が浮上

4年に一度開催される野球のワールドカップともいえるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本戦が、民放テレビ局によって地上波で完全放送される。これに対して、通常のプロ野球のペナントレースの地上波の放送はほとんどなくなっており、かつてはゴールデンタイムの定番だった巨人戦も、大半はBSやCSの衛星放送に移行してしま…

つづきを見る

侍ジャパン四番争いでDeNA筒香に日ハム中田翔が嫉妬する理由

最近、北海道日本ハムファイターズの主砲の中田翔の影が薄い。 いま、世間は同じく北海道日本ハムファイターズの大谷翔平、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場の話で持ち切り。大谷は右足首痛で辞退となったが、それでも話題になってしまう。 「中田はWBCにも選出され、日本を代表する…

つづきを見る

大谷翔平が辞退のWBCで選手が怪我をする可能性はどのくらい?

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が、3月に行われる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を欠場すると発表した。これを受けて、福岡ソフトバンクホークスの武田翔太が代わりに野球日本代表『侍ジャパン』に追加で招集されることになった。 「大谷は、右足首の怪我を理由に、侍ジャパンを辞退しました。昨秋の日本シリーズ…

つづきを見る

大谷翔平WBC辞退!手術の可能性も…に大喜びする女子アナたち

日本ハムの大谷翔平に緊急事態が発生! 2月3日に『侍ジャパン』の小久保裕紀監督は、大谷をWBC出場メンバーから外すことを発表した。 去る1月31日、痛めた右足首の回復が思わしくなく、WBCへの投手としての出場ができないことを球団の栗山英樹監督、大谷自身からも正式発表されたばかりだった。 「小久保監督は打者として使うこと…

つづきを見る

チケットは価格割れ…アメリカでWBCの不人気ぶりがあらわに

日本では第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への期待が日に日に高まっているが、準決勝と決勝戦の舞台となるアメリカでは、ほとんど興味を持たれていないようだ。 「日本ではWBCへ参加する日本代表『侍ジャパン』に対し、世界一の奪還への期待があります。しかし、アメリカではまるで“暗黙の了解”でもあるかのように、W…

つづきを見る

WBC開催の恩恵を受けて復活する可能性のあるベテラン選手

3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表『侍ジャパン』は、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大らの正式な辞退表明を受け、日本人でMLBのチームに所属する投手が出場することはなくなった。 小久保裕紀代表監…

つづきを見る

WBC公式球の支給が足りずに自腹で買う侍ジャパンの選手たち

プロ野球の巨人に所属する坂本勇人(28)が、1月6日に自主トレ先のグアムで5時間半にわたる練習を行った。坂本は、自主トレ出発前に空港での取材の際には、「投げる方が気になっちゃう」という意味深な言葉を残している。 3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表『侍ジャパン』のメンバー…

つづきを見る