YouTube

『EXIT』に業界関係者が大激怒!“超天狗発言”に批判「本性出たな」

渋谷系チャラ男コンビ『EXIT』が、1月30日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。兼近大樹がテレビ業界のリアルな不満を漏らしたところ、ネット上では「本性出た」「辞めてもらって結構です」などと、ドン引きの声が多く上がっている。 今回の企画は「今年が大事芸人2020」として、昨年ブレークし、今年が正念場になる人…

つづきを見る

江頭2:50のYouTubeチャンネルが爆発人気!「地上波もういらねーわww」

お笑いタレント・江頭2:50が2月1日にYouTubeチャンネルを開設した。これまで数々の伝説を残し、地上波では放送できないような芸を持つ江頭が〝世界的な知名度〟を獲得するために開設したという。動画内で江頭は「YouTubeなら無料だし、世界中どんな国でも見ることができるからオレの笑いを世界中に届けてみせる」と意気込ん…

つづきを見る

宮迫博之“たった5日”でユーチューバー圧倒的な勝ち組に!

芸能活動を休止中の『雨上がり決死隊』宮迫博之が1月29日から始めたYouTube動画が大ヒットし、本人が〝勝ち名乗り〟を上げていると話題になっている。 2月2日に投稿した動画『【暴露】レペゼン地球の質問にNGなしで答えてたら放送事故に。。。』では、アンチに対して「司会ばかりして何も面白くないとかけっこうあったりするわけ…

つづきを見る

宮迫博之“YouTube登録日”にドン引き! 復帰する気満々の周到さ…

反社会的勢力との交流がバレた揚げ句、事務所にウソの報告をしたことで芸能活動を休止中の『雨上がり決死隊』宮迫博之が1月29日、YouTubeで〝謝罪動画〟を配信した。現状と悲痛な思いを訴えた内容だが、世間の反応は厳しいものとなっているようだ。 「謝罪の気持ちと明石家さんまの事務所で預かりの身になっていること、そして〝テレ…

つづきを見る

ロンブー淳の“新襲名報告”に冷めた声…「ヤクザ屋さんみたいだよw」

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が1月26日、〝ロンドンブーツの二代目1号〟を襲名したことをYouTubeチャンネルの動画で発表した。 淳は、「このたび、わたくし田村淳はロンドンブーツの二代目1号を襲名させていただくこととなりました。つい先日、先代の1号・田村亮から、これまで世間の皆さまをお騒がせした責任…

つづきを見る

雨上がり・宮迫の“謝罪動画”に厳しい声「もう誰も求めてないよ」

闇営業問題で芸能活動を休止中の『雨上がり決死隊』宮迫博之が1月29日、YouTubeで〝謝罪動画〟を配信した。今後はユーチューバーへの転身も視野に入れているとのことだ。 しかし、地上波テレビ番組への復帰時期がいまだ見えない中、活動の場をネットに移すことは果たして得策なのだろうか。 「地上波では、宮迫を見たくないという人…

つづきを見る

押切もえYouTube動画に激辛評価…「涌井を出してしゃべらせろ!」

モデルの押切もえが1月21日、自身のYouTubeチャンネルを開設した。 押切はYouTubeを始めるきっかけについて、「料理とかをインスラグラムに上げていたら、レシピを教えてほしいって声が多くて、1つ1つレシピを書くのはややこしくなるので、気楽さで紹介したいと思い、思い切ってYouTubeを始めました。料理や美容、お…

つづきを見る

HIKAKIN“コアラのマーチ大量購入”の理由に感動!「世界一のイケメンだ」

大人気ユーチューバーのHIKAKINが1月21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。深刻な森林火災が続いているオーストラリアに対し、およそ225万円の寄付をし、視聴者にも呼び掛ける動画をアップしたところ、ネット上で大喝采を浴びる事態となった。 昨年9月ごろから、オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州やビクト…

つづきを見る

ノンスタ井上のYouTube“再生回数”が悲惨…「恥ずかしい男だ」

昨年の9月より、お笑いコンビ『NONSTYLE』の井上裕介がYouTubeチャンネルを開設しているが、その再生回数があまりにも寂しいと話題になっている。 昨年9月20日、井上は、《趣味を中心に、仲間たちとの愉快な遊びの記録を投稿します!毎日20時更新!》とブチ上げ、YouTube活動をスタートさせた。 この初回動画は再…

つづきを見る

オリラジ中田の“教育動画”に非難の声「ウソを広めるのはマズいだろ!」

教育系ユーチューバーとして活躍中の『オリエンタルラジオ』中田敦彦の動画配信に、非難が殺到しているようだ。 中田は現在、YouTubeで『中田敦彦のYouTube大学』を開設している。政治や経済、歴史などさまざまな分野の講義動画を投稿し大人気になっているが、ネット民からは「でたらめな内容が多過ぎる」などと非難轟々だという…

つづきを見る