パクリ疑惑で炎上した作品も…『ジャンプ』の「打ち切り推理漫画」3選

パクリ疑惑で炎上した作品も…『ジャンプ』の「打ち切り推理漫画」3選

パクリ疑惑で炎上した作品も…『ジャンプ』の「打ち切り推理漫画」3選 (C)PIXTA

『週刊少年ジャンプ』では推理漫画が“鬼門”と言われており、長らくヒット作に恵まれていない。仮に連載されることがあっても、あえなく打ち切りになることが多いようだ。今回はそんな過去作の中から、とくにキワモノ扱いされている3作品をご紹介しよう。

「コナン」「金田一」に続けず…90年代の黒歴史

<その1>『ぼくは少年探偵ダン!!』ガモウひろし
90年代には他誌で推理漫画のヒット作が生まれていたため、「ジャンプ」でも似たような作品が模索されていた。そんな中、彗星のように散っていったのが1998年に連載された『ぼくは少年探偵ダン!!』。『とっても!ラッキーマン』の作者・ガモウひろしによる意欲作だ。

同作の主人公は、“一刀両ダン”というふざけた名前の小学生探偵。頭の傷口から脳に酢を直接注ぎ込むことで、脳が「酢入り(推理)」状態になり、大人顔負けの推理力を発揮するというトリッキーな設定だった。

子ども向けのギャグを重視していることが分かるだろうが、ときにはミステリー要素が作り込まれることも。しかしそれが度々長文で説明されており、「子ども向け×長文」の矛盾した組み合わせとなってしまった。さらに中盤からシリアスに大きく舵を切ったが、人気回復とはいかず、わずか19話で完結している。

<その2>『少年探偵Q』原作:円陣、作画:しんがぎん
『少年探偵Q』も、1998年に連載された作品。ドラマで少年探偵として活躍する子役スターの英久太が、プライベートでも事件を解決していくストーリーだ。

事件編と解決編が分かれており、読者にも推理を楽しませる構成だったのだが、肝心のトリックは悪い意味で難解なものばかりだった。

たとえば事件編で「廃村」として登場した村が、解決編で「実は多くの村人が残っていた」と判明するなど、構成が後出しジャンケンのようになってしまうことも。そのためか、読者はすぐさま離れ、たった15話で完結を迎えている。

同作は原作と作画が分かれていたのだが、作画担当のしんがぎんも粗末な原作に不満があった様子。単行本2巻のおまけページでは、原作に対して「ちょっとムリがあるのでは」とぼやいており、同巻のあとがきでも「漫画を描くことのリスク」をテーマに作品への無念を吐露していた。