『かぐや様』241話で神展開! アンチも掌返し「素直に面白い」「最高です」

『かぐや様』241話で神展開! アンチも掌返し「素直に面白い」「最高です」

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』24巻(赤坂アカ/集英社)

大人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の最新話が、1月27日発売の『週刊ヤングジャンプ』9号に掲載された。大人たちの都合で振り回される展開が続いていたところ、大きなどんでん返しがあり、読者の間で喝采が巻き起こっているようだ。

※『かぐや様は告らせたい』最新話の内容に触れています

前回、かぐやを取り戻すべく作戦会議を始めた白銀と生徒会メンバー。第241話『四条帝は守りたい』では、そこに四条眞妃が参戦。四宮家と抗争状態にある四条家だが、眞妃は大人の都合とは関係なく、友人としてかぐやを助けたいと申し出たのだ。

眞妃は弟である四条帝について、さまざまな事情を暴露。帝は古い因習に縛られた四宮家・四条家を快く思っておらず、かぐやを束縛から解き放つために結婚相手に立候補したのだという。

これによって、「もし政略結婚させられてもかぐやは自由になれる」ことが確定。あとは純粋に、白銀がかぐやとの恋を成就させることが課題となった。すなわち、白銀と帝の“恋愛頭脳戦”が幕を開けたのだ…。

大人の事情にまみれた泥沼展開を抜け、いっそ爽快感すら抱かせるような今回のエピソード。読者たちの間では、《クライマックス感が出始めていて見てて楽しい! 帝、御行のバトル最高です!》《おっさんと白銀の頭脳戦よりもこっちのほうが面白そう》《今週のかぐや様、読んでて納得できる部分がすごい多くて、素直にめちゃくちゃ面白い》と好評の声が巻き起こっている。

“アンチ”なりかけファンも手のひら返し?

ここにいたるまで、作中では「大人の都合でかぐやが政略結婚させられそうになる」という胸クソ展開が続いていた。学生が無力であることが強調され、大人の都合に振り回されるストーリーとなっており、フラストレーションを溜めていた読者も多かったようだ。

しかし今回、政略結婚の相手である帝は大人のゴタゴタからかぐやを解き放ってみせた。言い換えれば、政略結婚というバッドエンドを避けるための戦いではなくなったということだ。今後は、白銀と帝のどちらがかぐやを幸せにできるのか…というラブコメらしいスカッとした物語が描かれるのだろう。

とはいえ、まだすべての読者が納得しているわけではなく、《急に帝をラスボスに添えたなあ》《帝がなんとかします(しました)で行くのか…》といった不満の声も。このまま“アンチ”を一掃するべく、さらなる神展開を繰り出してくれることを期待したい。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』24巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】