『プリコネR2』第4話の戦闘シーンがヤバ過ぎる!『呪術』『シンエヴァ』スタッフ集結の神回

『プリコネR2』第4話の戦闘シーンがヤバ過ぎる!『呪術』『シンエヴァ』スタッフ集結の神回

『プリコネR2』第4話の戦闘シーンがヤバ過ぎる!『呪術』『シンエヴァ』スタッフ集結の神回 (C)PIXTA

1月31日、Cygamesが送るTVアニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』(TOKYO MXほか)の第4話『駆け出しの名探偵 ~ミロワールに想いを寄せて~』が放送された。今回は有名アニメーターたちによって圧巻の戦闘シーンが描かれ、視聴者から称賛の声が続出しているようだ。

※アニメ『プリコネR2』最新話の内容に触れています

ある日、怪獣島にやってきた「美食殿」の面々は、獣人族たちによるギルド「動物苑 自警団」(カォン)のメンバーに出会う。この島には最近シャドウが頻繁に出没しているらしく、「カォン」はその調査に出向いたのだという。

そこで、「シャドウ」のことをよく知る「美食殿」も協力することに。「七冠」のネネカから島に危険が迫っていることを伝えられたペコリーヌたちは、シャドウによって操られた巨大なゴーレムに立ち向かっていく──。

ここまではほのぼの展開が多かった『プリコネ2期』だが、今回は冒頭から戦闘シーンが多めに描かれていた。さらに、その作画は視聴者から《劇場版レベル》《今回マジですごかった》《作画何話分を解放してんだよw》と驚かれるほどクオリティーが高かった。

作画スタッフにあの作品の面々が集結!?

なお圧巻の戦闘シーンには、名だたる有名アニメーターたちが参加していた模様。ひときわ視聴者の注目を集めたのが、『劇場版 呪術廻戦 0』で原画を務めた中山竜や吉原達矢、作画監督を務めた田中宏紀などの名前だ。

他にも『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に原画として参加していた坂詰嵩仁、榎戸駿といった面々が名を連ねていた第4話。ちなみに彼らは全員、2022年放送予定のTVアニメ『チェンソーマン』に関わっているスタッフでもある。

「チェンソーマン」で中山は監督、吉原はアクションディレクターを担当する予定。そして田中、坂詰、榎戸の3人は、昨年6月26日に公開された同作のティザーPVにて原画として参加している。

「チェンソーマン」のメインスタッフたちが、まるで予行演習と言わんばかりに力を発揮した第4話の戦闘シーン。ネット上では《チェンソーマンもこのクオリティーで見れると思うと楽しみだわ》といった期待の声も上がっていた。詳細な放送日はまだ発表されていないが、そのクオリティーは間違いないものになりそうだ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

TRAIMAK / PIXTA

◆過去のアニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2」レビューはこちら

【あわせて読みたい】