伝説の『夕闇通り』も…今こそリメイクしてほしい「傑作ホラーゲーム」3選

伝説の『夕闇通り』も…今こそリメイクしてほしい「傑作ホラーゲーム」3選

伝説の『夕闇通り』も…今こそリメイクしてほしい「傑作ホラーゲーム」3選 (C)PIXTA

さまざまな新作ホラーゲームがリリースされている昨今のゲーム業界。中でも、ニンテンドースイッチ向けに発売された『ファミコン探偵倶楽部』シリーズなど、往年の名作がリメイクされることも増えてきた。そこで今回は、リメイクが待ち望まれる「傑作ホラーゲーム」の数々を振り返ってみよう。

おどろおどろしい名作ジャパニーズホラー

<その1>『SIREN』
『SIREN』は、2003年に発売された『PlayStation 2』用ホラーアクションゲーム。とある地方にある架空の村「羽生蛇村」を舞台に、土着的・民俗的な儀式をテーマにした恐ろしいストーリーが描かれる。

日本人にとってなじみ深い風景の中で、凄惨な出来事が次々と巻き起こるため、生々しい恐怖感を感じられるのが特徴。また、同作の敵キャラクター「屍人(しびと)」の不気味かつグロテスクなデザインに衝撃を受けたプレイヤーも多いはず。

2006年には続編となる『SIREN 2』、さらに2008年には「SIREN」をハリウッド映画風に再構成した『SIREN:New Translation』が発売。シリーズとして順風満帆な様子を見せていたが、その後は新作の発表がないまま現在に至っている。

リメイクにあたり懸念点があるとすれば、「SIREN」シリーズ生みの親とされる外山圭一郎氏がすでに「SCE」を退社し、独立していることだろうか。

<その2>『夕闇通り探検隊』
『夕闇通り探検隊』は、1999年に『スパイク』が発売した『PlayStation』用ホラーアドベンチャー。1996年発売の名作ホラーゲーム『トワイライトシンドローム』の後継作品という位置づけでリリースされた。

高度経済成長によって発展した街「陽見市」を駆け巡る数々の“噂”を、同じ中学に通う3人組が調査していくという物語だ。日常の裏に潜む不可思議な非日常や、中学生ならではの人間模様をリアルに描いており、プレイヤーは単なる心霊的な恐怖だけではなく、言いようのない切なさを体験できる。

しかし同作のソフトはかなり希少価値が高く、数万円というプレミア価格で取引されている状態。発売当時には話題にならなかったため、市場に出回っている数が極端に少なかったのだろう。後世になって口コミで高く評価されるようになったものの、実際にプレイできる人は限られている。

現状、「夕闇通り探検隊」はゲームアーカイブスでも配信されたことがなく、手に入れるためには高額で購入するしかない。傑作と名高い同作がリメイクされるとすれば、大きな話題を呼ぶことだろう。