『かぐや様』243話 白銀の“シリアスコント”に爆笑「急展開すぎて情緒バグる」

『かぐや様』243話 白銀の“シリアスコント”に爆笑「急展開すぎて情緒バグる」

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』24巻(赤坂アカ/集英社)

大人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の最新話が、2月10日発売の『週刊ヤングジャンプ』11号に掲載された。かぐや救出のためにますます物語が緊迫する中、白銀御行とかぐやの父・四宮雁庵の繰り広げた“コント”に爆笑の声が上がっている。

※『かぐや様は告らせたい』最新話の内容に触れています

雁庵の病室にやってきた白銀。そこで雁庵は白銀の意図について、「かぐやを優遇するよう遺書を書き換えること」だと推察し、追い返そうとした。

しかし白銀の口から発された言葉は、意外なもの。いろいろな事情はさておき、かぐやと結婚させてほしいと頼み込むのだ。すでにかぐやは白銀と別れているため、“元カレ”という扱いになるのだが、白銀はそんなことはお構いなしにグイグイと婚姻届を書かせようとする。

白銀の強引すぎるムーブに、雁庵はツッコミを連発。さらに「父親のサイン済みの婚姻届をサプライズで渡す」という計画を聞かされると、恐怖心すら抱くのだった…。

婚姻届けにサインさせようとする元カレのコント

そもそも白銀は普段は頼りない印象だが、いざ覚悟を決めると周囲を気にせず突っ走っていくようなところがある。今回はそんな性格が災いし、常識ではありえないことを真面目に要求し続けており、もはやコントのようなやりとりが繰り広げられた。

シリアスな展開からのすさまじいギャップに、SNS上は《会長がヤバイやつすぎて草》《今週のかぐや様、久々におもろいwww》《急展開すぎて情緒バグらされたんだが》《シリアスな展開続きからの無理矢理笑かしにくるの草》と盛り上がっている。

一応フォローしておくと、おそらくこの計画は白銀が真剣に考え出したもの。四条家との政略結婚を破談にするため、かぐやを一時的に既婚者にしてしまおうという“頭脳プレー”なのだろう。

しかし、いくら真剣でも、“元カノ”の父親に婚姻届へのサインを求め、しれっと「義父さん」呼ばわりする姿はかなりシュール。雁庵が恐怖を感じるのも当然だろうが、読者たちはそんなドタバタ劇に笑いを抑えきれなかったようだ。

求婚のゴリ押しはさすがに通らなかったようだが、最終的には雁庵の譲歩を引き出すことに成功。白銀の覚悟は決して無駄にはならなかった。かくや救出に向けて、さらなる大暴走が見られることを期待しよう。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』24巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】