『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』覇権ハードで再発売「PS5買わんで良かったー!」

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』覇権ハードで再発売「PS5買わんで良かったー!」

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』覇権ハードで再発売「PS5買わんで良かったー!」 (C)PIXTA

鬼殺対戦アクション『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のニンテンドースイッチ版が、6月9日に発売されることが決定。この報せにSNSなどでは、《なぜ最初から出さなかったのか》といった声が上がっている。

同作は、今も幅広い層に人気な『鬼滅の刃』のゲーム作品で、昨年10月にPS4やPS5といったハードで発売された。しかし発売から間もなく、ネット上では《思ったより売れていない》と話題に。

『ファミ通.com』が発表したデータによると、初週の売上はPS4版が9万4849本、PS5版が2万187本で、合わせて約11万本という数字だった。日本を席巻した「鬼滅の刃」のゲーム版としては、驚くほど少ない数字だろう。

同作は大まかに括れば格闘ゲームに分類されるのだが、競技性の高いゲームバランスではない。むしろ原作再現などに重きを置いた“キャラゲー”といった印象で、子どもやライトゲーマー向けのゲームだった。そのため、コアなユーザーが多いPS4やPS5といったプラットフォームでは売れなかったのかもしれない。

スイッチ版の発売に悲喜こもごも

そんな「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」が、老若男女問わず人気を集める現在の主流ハード・ニンテンドースイッチで発売されることに。やはりスイッチ版ならプレイできるという人が多いのか、SNS上は《鬼滅の刃のSwitch版のゲームでるの!? 絶対買うわ》《うちも子どもが遊びそうだから予約してみた》《鬼滅ファンとしてもゲーマーとしても普通に欲しい》《娘に鬼滅の刃のSwitch版予約した》と盛り上がっていた。

その一方、同作のためにわざわざPS5 などのゲームハードごと買い揃えたファンもいるようだ。《Switch版が出るなんて…もっと早くというか同時に販売して欲しかったなぁ》《PS5買わんでよかったやーん》《Switchで鬼滅のゲーム出るんか! PS5買わんで良かったー!》とぼやく声も上がっている。

なぜ最初からニンテンドースイッチ版を発売しなかったのかはわからないが、やっと「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」が本当に輝ける舞台に立つ準備が整った。ぜひとも「鬼滅の刃なのに売れなかったゲーム」という汚名を返上してもらいたい。

文=大上賢一

【画像】

FabrikaSimf / PIXTA

【あわせて読みたい】