『呪術廻戦』175話 乙骨憂太が浮気!? キスシーンが波紋「女たらしめ!」

『呪術廻戦』175話 乙骨憂太が浮気!? キスシーンが波紋「女たらしめ!」

『呪術廻戦』18巻(芥見下々/集英社)

2月21日発売の『週刊少年ジャンプ』12号に、人気漫画『呪術廻戦』の第175話『仙台結界(2)』が掲載された。“純愛”でお馴染みの乙骨憂太が衝撃のキスシーンを披露し、ファンの間で激震が走っている。

※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています

仙台結界で猛威を振るう特級呪霊・黒沐死(くろうるし)。他の術者たちに戦闘を見られていることを悟り、乙骨は力をセーブしつつ戦おうとする。しかし無限の虫たちを使役する黒沐死に、苦戦を強いられてしまった。

ついに黒沐死の毒牙が喉元まで迫ると、乙骨は「反転術式」を解放。正のエネルギーを“口移し”で黒沐死の頭部に叩き込むことで、撃破に成功する。だが他の術者に実力がバレ、そのまま連戦へ突入することに──。

黒沐死は、万人に嫌われる害虫が呪霊化したもの。それに対して乙骨はマウストゥマウスで一撃を食らわせたわけだが、あまりにも衝撃的なキスシーンとなっていた。ネット上では、《乙骨がゴキブリ呪霊とKISSシーン、一体何のサービスなんだ…?》《朝起きたら乙骨憂太がゴキとキスしてて全ての感情が死んだ》と動揺する読者が続出している。

恋人の逆鱗に触れるかも…?

ところが、熱心なファンは全く違った心配をしている様子。なぜなら乙骨には、初恋かつ相思相愛の女性・祈本里香が存在する。黒沐死へのとどめのキスは、見方によっては“浮気”にあたるかもしれない…というわけだ。

読者の間では、《乙骨くんがGとキスとか…リカちゃんに浮気判定されたらやばない?》《乙骨の大胆な行動でリカちゃん怒らないのか》《リカちゃんに見られてたらマジギレされそうでちょっと笑っちゃった 今いないのわかってるから浮気じゃん!》《この女たらしめ!!》といった反響が巻き起こっている。

なお、里香は乙骨に関わる人物に激しい嫉妬や敵対心を向け、時には暴力に及ぶこともあったが、すでにこの世を去っているはず。現在の乙骨は同じ名前の「リカ」という呪霊を従えているが、里香とどのような関係があるのかは今のところ不明だ。

もし里香とリカが同じパーソナリティだとすれば、後ほど独占欲をむき出しにしてくるかもしれない。彼らはどんなラブコメを繰り広げるのだろうか。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『呪術廻戦』18巻(芥見下々/集英社)

◆過去の「呪術廻戦」レビューはこちら

【あわせて読みたい】