ライブアライブの次はクロノ・トリガー? 今こそ「HD-2DでリメイクすべきRPG」3選

ライブアライブの次はクロノ・トリガー? 今こそ「HD-2DでリメイクすべきRPG」3選

ライブアライブの次はクロノ・トリガー? 今こそ「HD-2DでリメイクすべきRPG」3選 (C)PIXTA

『OCTOPATH TRAVELER』(オクトパストラベラー)のヒットをきっかけとして、注目を集める「HD-2D」。ドット絵の進化系とも言える技術で、『スクウェア・エニックス』の名作RPG『ライブアライブ』のリメイクにも使用されるという。そこで今回は、「今こそHD-2Dでリメイクすべきゲーム」を考察してみよう。

今でも愛されている伝説のRPG

<その1>『クロノ・トリガー』
『クロノ・トリガー』は、1995年に発売されたスーファミ向けのロールプレイングゲーム。「中世」「未来」「古代」などの異なる時代を行き来しながら、地球外生命体ラヴォスによって滅ぼされる未来を防ぐ…という壮大なストーリーだ。

圧倒的な知名度と人気を誇る同作だが、ゲームアーカイブスで遊べるのは『PS3』まで。一応移植版はあるものの、リメイクされていないため、この機会にHD-2Dバージョンが出ればファンたちは大興奮することだろう。

オリジナルのドット絵が非常に美しいため、HD-2Dを活かすにはうってつけ。また、ラスボスを倒す時代によってエンディングが変化するため、たとえば時代を増やしてエンディングやイベントを増やすなど、リメイクのやりようはいくらでもある。

実際にネット上のファンからは、《時代を1個増やしてそこに闘技場やカジノ設置するだけでもいい》《現代とラヴォスの日の間とか原始と古代の間とか古代と中世の間とかほしいね》といった要望が上がっていた。