人生を狂わせる運命の出会い…かわいい「“男の娘”が登場する作品」3選

人生を狂わせる運命の出会い…かわいい「“男の娘”が登場する作品」3選

人生を狂わせる運命の出会い…かわいい「“男の娘”が登場する作品」3選 (C)PIXTA

かわいらしい少女のような見た目でありながら、中身は少年。そんな“男の娘”の魅力には、筆舌に尽くしがたいものがある。今回は、すでに男の娘が好きな人や、これから好きになるであろう人に向けて、オススメの「男の娘コンテンツ」を紹介していこう。

魔性の魅力…レジェンド入りした男の娘たち

<その1>『バカとテストと召喚獣』
まず外せないのが、2010年から放送されたTVアニメ『バカとテストと召喚獣』通称「バカテス」。人気ライトノベルを原作としており、進級テストをテーマとした異色のストーリー。“バカ代表”である主人公を中心として、騒々しい学園ラブコメが繰り広げられていく。

そんな同作において、ヒロインの1人なのではないかと囁かれているのが、木下秀吉クン。主人公と同じ「文月学園高等部」2年Fクラスに所属する生徒で、男子の制服に身を包んでいる。また一人称は「ワシ」であり、れっきとした男性であることは間違いない。

しかし小柄で華奢な体格や、可憐な容姿から「稀代の美少女」と評判。主人公に想いを寄せるヒロインたちから、最強のライバルとして警戒されるほどの魅力だ。

なにより同作が素晴らしかったのは、「女の子かと思ったらかわいい男の子だった」というテンプレ的なパターンではないこと。最初から“かわいい男の子”として存在を認められており、画期的な設定だった。このキャラクターでハッキリと男の娘に目覚めた人も少なくないだろう。

<その2>『GUILTY GEAR』
本格的に多くの人々の性癖を歪ませた決定打として、やはり格闘ゲーム『GUILTY GEAR』シリーズを挙げざるを得ない。同作に登場するブリジットちゃんは、レジェンド的な人気を誇るキャラクターだ。

金髪碧眼のビジュアルから、一見するとかわいらしい女の子にしか見えないのだが、れっきとした男の娘。青と白を基調としたタイトなワンピースに、同系色のシスター風の帽子、そして超ミニ丈のスパッツ…。ガードが固いのか緩いのか分からない、まさしく魔性のキャラクターだと言える。

そのビジュアルとは裏腹に、生い立ちはなかなかシビア。故郷で不吉とされている男の双子で生まれたため、行く末を案じた両親によって、女の子として育てられたという。天然っぽい一面もあるため、保護欲をかき立てられる人も多いはず。

ちなみに初期には一部の対戦キャラクターの発言によってのみ、性別が示されていた。運悪く、女の子と信じて疑わないまま応援し続けた人もいたかもしれない。