潤羽るしあ“個別接待”発覚…『ホロライブ』ファンドン引き「やり口がキャバクラ」

潤羽るしあ“個別接待”発覚…『ホロライブ』ファンドン引き「やり口がキャバクラ」

潤羽るしあ“個別接待”発覚…『ホロライブ』ファンドン引き「やり口がキャバクラ」 (C)PIXTA

熱狂的な人気によってVTuber業界に君臨していた“スパチャ女王” 潤羽るしあ。歌い手・まふまふとの同棲疑惑がこじれた結果、2月24日に『ホロライブ』を契約解除されるに至ったが、そこで新たな事実が判明してしまったという。

「スパチャ世界一」だった人気VTuber

潤羽るしあは男性ファンが多い「ホロライブ」の中でも、とくに疑似恋愛を提供するような“ガチ恋”特化のVTuber。その成果は、YouTubeの投げ銭機能であるスーパーチャットの金額に現れていた。

データ集計サイト『PLAYBOARD』によると、潤羽るしあのYouTubeチャンネルは2021年に世界でもっとも多くのスーパーチャットを集めたとのこと。この年の累計金額は1億9000万円以上、そして活動全体を通した金額は3億7600万以上に及んでいる。

当然それだけ多くのファンからスーパーチャットを送られていたということだが、中には1人で多額をつぎ込む“太客”も存在した。基本的にスーパーチャットをいくら送ろうが、名前を読み上げてもらえるだけで、見返りはないものとされていたのだが、潤羽るしあの場合にはやや事情が異なったらしい。

というのも、潤羽るしあの引退をきっかけとして、太客たちがツイッター上で“特別なつながり”があったことを暴露しているからだ。