『ルパン三世 PART6』20話 峰不二子が百合キャラに! ギャルと濃密に絡み「大歓迎」

『ルパン三世 PART6』20話 峰不二子が百合キャラに! ギャルとの絡みに「大歓迎」

『ルパン三世 PART6』20話 峰不二子が百合キャラに! ギャルとの絡みに「大歓迎」 (C)PIXTA

現在放送中のアニメ『ルパン三世 PART6』(日本テレビ系)にて、峰不二子が百合キャラクターとなった模様。2月26日放送の第20話『二人の悪女』にて、元相棒だという“ギャル”との濃密な関係性が描き出された。

※アニメ『ルパン三世』最新話の内容に触れています

何年も音信不通だった不二子の元相棒、アメリア。彼女は突如舞い戻ってくると、とあるカルト教団の教祖が持つ時価数億円のネックレスを狙う計画を持ちかけてきた。

アメリアは人の懐に入り込む術に長けていたが、詰めが甘い性格が災いして仕事で大失敗することも。そんな性格に不安を抱く不二子だったが、強い誘いに折れ、渋々仕事を引き受けることに。

「デーヴィ!」…この言葉を聞いたら、相手に身をゆだねること。アメリアの一方的な約束の後、女2人のドライブ旅が始まった──。

スカジャンに短パン、軽いノリで不二子さえも翻弄してしまう天真爛漫なギャルのアメリア。それに対してつねに冷静で、大人の色気を振りまく不二子。第20話は対照的な2人による濃厚な百合回となった。

2人はルパンが嫉妬するほどの仲!

普段はワガママで奔放な不二子だが、友人であるアメリアには利用されていると知りながら、相手に協力するほどの優しさを見せる。そしてアメリアもまた、不二子と遠慮のないスキンシップを取り、他人に見せつけるなど露骨な百合アピールを連発。仲の良さがいたるところで強調され、ルパンも嫉妬の様子を見せるほどだった。

これに驚いた視聴者は多かったようで、SNSでは《不二子ちゃんで百合! まさかの百合!!》《ルパンで良質な百合を摂取出来るとは思ってませんでした》《不二子とアメリアの百合てえてえでした》などの声が溢れている。

とくに反響が大きかったのは、アメリアが自身の子どもに不二子を「パパ」と紹介したシーン。《不二子パパでちゅよってやはりそういう……》《不二子パパという新概念は大歓迎》など、不二子とアメリアの睦まじい描写に歓喜の声が溢れた。作中では子どもの父親は一切出てこないため、百合界隈のタブーである“男性要素”もしっかり排除されている。

ちなみに不二子の百合エピソードは、歴代シリーズでもかなり珍しい印象。最近のアニメシリーズで登場したのは、2012年に放送された『LUPIN the Third -峰不二子という女-』の第6話『愛の牢獄』くらいのもの。同話から計算すれば、約10年ぶりのことになる。

今後も男を手玉に取るだけの“魔性の女”イメージにとらわれることなく、不二子ならではの新たな魅力を開拓してほしい。

文=ゴタシノブ

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

◆過去のアニメ「ルパン三世 PART6」レビューはこちら

【あわせて読みたい】