『ウマ娘』超えで覇権に!? だーまえ新作『ヘブバン』まさかのセルラン1位を獲得!!

『ウマ娘』超えで覇権に!? だーまえ新作『ヘブバン』まさかのセルラン1位を獲得!!

『ウマ娘』超えで覇権に!? だーまえ新作『ヘブバン』まさかのセルラン1位を獲得!! (C)PIXTA

今年2月にリリースされたばかりのスマホアプリゲーム『ヘブンバーンズレッド』が、『App Store』のセールスランキングで1位を獲得。1周年を迎えた『ウマ娘 プリティーダービー』を超えてしまい、次世代の“覇権ゲーム”などとも言われている。

『ヘブバン』が新しい覇権ゲームに!?

「ヘブンバーンズレッド」(ヘブバン)は、『Key』と『Wright Flyer Studios』が共同で開発したドラマチックRPG。メインシナリオ・原案を手掛けるのは『CLANNAD』や『リトルバスターズ!』など数多くの名作を生み出してきた麻枝准で、そのシナリオが往年の「Key」ファンに刺さっているようだ。

多少客層がニッチだと思われるため、そこまでの躍進は予想されていなかったが、いざリリースされてみれば大ヒット。1周年アニバーサリー真っ最中の「ウマ娘」など、かなり激戦の時期だったにもかかわらず、セルラン1位を達成した。

この快挙にSNSなどでは、《1周年のウマ娘抑えてセルラン1位取るヘブバンやばいやろ》《セルラン1位凄い!!! おめでとうございます》《ウマ娘を差し置いてヘブバンがセルラン1位!?》《ヘブバンまじで覇権ゲーやな》といった声が続出している。

ちなみに麻枝准も自身のツイッターで、《こんな日が来るとは思いもしなかったです》などと喜びを露わに。またゲーム内ではセルラン1位を記念するガチャ10連分の石(クォーツ)が配布されており、制作サイドにとっても小躍りするような朗報だったようだ。

「ウマ娘」を超えた理由は?

一時的とはいえ、「ヘブバン」が「ウマ娘」を超えた要因はどこにあるのだろうか。当然「ウマ娘」は1周年を記念して数多くのキャンペーンを打ち出しており、このタイミングで待望の「キタサンブラック」が、新しい育成可能なウマ娘として実装された。まさに約束された勝利と言えるほど、盤石な体制だったように思える。

その一方で「ヘブバン」は、2月28日にメインストーリー『第3章』を解禁。シナリオを原動力とする同ゲームにおいて大きなブーストとなったことは間違いないが、勝因はそれだけではなさそうだ。

というのも今回『第3章』の解禁と同時に、新規SSRキャラクターとSSR実装済みキャラの“別衣装”を、ダブルピックアップガチャとしてリリース。同ゲームでは「斬」「突」「打」といった3つの武器属性があるのだが、これまで実装されてきたキャラクターの中で、“打属性”を持つSSRキャラはたったの3人。そのため「打のSSRを持っていない」というユーザーも少なくなかった。

そんな中、ダブルピックアップガチャで実装された2体のSSRキャラは、どちらも打属性。細かいところだが、運営の“商売の上手さ”がうかがえる。

さらに1回限定のSSR確定ガチャも実装することで、いわゆる“微課金”と呼ばれるユーザー層もターゲットに。幅広く課金の受け皿を用意したことが、セルラン1位に繋がったのだろう。

このまま国内の覇権ゲームは、「ウマ娘」から「ヘブバン」に移り変わるのだろうか。今後の展開を見守りたい。

文=大上賢一

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】