『にじさんじ』VTuber“性癖バレ”で活動自粛! 怪我の功名で好感度が急上昇!?

『にじさんじ』VTuber“性癖バレ”で活動自粛! 怪我の功名で好感度が急上昇!?

『にじさんじ』VTuber“性癖バレ”で活動自粛! 怪我の功名で好感度が急上昇!? (C)PIXTA

『にじさんじ』に所属する男性VTuberのローレン・イロアスが、3月2日に活動自粛を発表した。タレント業ではさまざまな炎上が起きるものだが、今回の騒動は《シュールすぎる》として方々でネタにされてしまっているようだ。

配信で生じたハプニング

事の発端は、2月27日に行われたYouTubeでの配信。映像中にローレンのPC画面が映りこんでしまい、使用しているフォルダの名前が流出した。

そのフォルダ名は、「MIAA-452」「mvsd-469」という変わった名称。これはセクシービデオの品番だったらしく、「海賊版の違法ダウンロード」疑惑が浮上することに。所属事務所がローレン本人に確認したところ、VTuberデビューする前にセクシービデオを違法ダウンロードしていたことが確定した。

騒動を受け、『にじさんじ』を運営するANYCOLOR株式会社がツイッター上で謝罪。所属VTuberに対する教育指導を徹底することを明かした。また、ローレン本人も謝罪を行うと共に、当面の間は活動を自粛すると発表している。

自粛と性癖流出のダブルパンチ

違法ダウンロードに批判の声が上がる一方、ネット上ではローレンの性癖がネタ扱いされている。というのも、彼が所持していたセクシービデオは2本ともかなり過激なタイトルで、複数の女性に敏感な部分を責められる内容だったからだ。

セクシービデオの違法ダウンロードに加えて、ちょっと恥ずかしい性癖がバレた上、活動自粛という流れ。VTuber業界どころか芸能界でもなかなか見ないシュールな顛末に、《今まで見てきたクソどうでもいい活動自粛の中で一番面白いwww》《不覚にも笑ってしまった》《正直おもろい》《テレビよりYouTubeのほうがオモシロオカシイってことを認めざるを得ないな》といった声が上がっている。

センセーショナルな騒動故、VTuberファンだけでなく多くの人々が関心を持っているため、今後復帰するとしても長らく“汚名”は付いてまわりそうだ。アイドル路線だった男性VTuberとしては、手痛い失敗かもしれない。

ただし怪我の功名か、同じような性癖を持つ人々はローレンを身近に感じた様子。《俺はこのVに親近感湧いたぞ》《ローレンの性癖知れて余計好きになった》といった人もいるため、ファンの男女比が急激に入れ替わっていく可能性もある。

違法ダウンロードは犯罪であり、罰が下ったのは仕方ないだろう。同じ趣味を持つ仲間の応援を糧に、復帰に向けてしっかり反省してほしい。

文=野木

【画像】

Sorapop / PIXTA

【あわせて読みたい】