伊織もえと潤羽るしあ“スキャンダル対応”に差…オタクウケがよかったのはどっち?

伊織もえと潤羽るしあ“スキャンダル対応”に差…オタクウケがよかったのはどっち?

伊織もえと潤羽るしあ“スキャンダル対応”に差…オタクウケがよかったのはどっち? (C)PIXTA

人気コスプレイヤーの伊織もえに“文春砲”が直撃。熱狂的なファンたちが悲しみに包まれる一方で、『ホロライブ』に所属していたVTuber・潤羽るしあの一件と比較する声も上がっている。果たしてどちらの対応が正しかったのだろうか。

伊織もえの神対応

伊織もえはこれまで、『Re:ゼロから始める異世界生活』や『ライザのアトリエ』といった、さまざまな人気コンテンツの公式コスプレイヤーとして活躍。また映画やドラマへの出演や、ラジオパーソナリティーの仕事など、コスプレイヤーの枠を超えた幅広い活動を見せてきた。

しかし3月1日に『文春オンライン』が、伊織と一般男性の交際を報道。記事によるとお相手は、個人会社のカメラマン兼スタッフで、2人の関係は約10年も続いているという。

さらに「文春オンライン」は、伊織に対するインタビュー記事も掲載。もちろん内容は熱愛疑惑に関するインタビューで、伊藤は熱愛の事実を認め、交際に至った経緯などを詳らかに語っていた。

そして伊織は自身のツイッター上でも、《本日報道された通り、10年前からお付き合いさせて頂いている方がいます》と堂々と報告。どうやら彼女にとって、熱愛スキャンダルは隠さなければいけない事実ではないようだ。

いわゆる“彼氏バレ”に対する伊織の対応に、SNSなどでは絶賛の声が上がっていた。また最近オタク界隈で炎上したスキャンダルとして、潤羽るしあの一件を引き合いに出す人も。ネット上では、《やっぱ隠すのっていかんな》《なぁるしあ、お前と伊織もえ、何が違ったんだと思う?》《この伊織もえの対応が正解だったんだぞるしあ!》などと言われている。