『かぐや様』245話 早坂と藤原の濃厚な百合展開「おいおいマジか!」

『かぐや様』245話 早坂と藤原の濃厚な百合展開「おいおいマジか!」

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』24巻(赤坂アカ/集英社)

大人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の第245話が、3月3日発売の『週刊ヤングジャンプ』14号に掲載された。そこで読者待望の早坂と藤原の百合展開が描かれたのだが、一部では意外な反応も上がっているようだ。

※『かぐや様』最新話の内容に触れています

かぐやの父・四宮雁庵の遺言状を手に入れるため、四宮家本邸へとやってきた早坂と藤原。しかし、雁庵の病室を盗聴していた黄光一派に先回りされてしまう。

怪しげな男たちに囲まれ、絶体絶命の2人。するとそこに早坂の母・早坂奈央が登場。早坂家は黄光の行動を雁庵への反逆と見なし、彼女たちに力を貸してくれる。

スリリングな展開が描かれる中で、早坂も久しぶりにクールビューティな活躍を披露。まるでスパイ映画の一幕のように、黄光の部下に襲われた藤原を庇ってみせた。さらに藤原のことを「絶対守る」と宣言すると、思わずときめいた藤原は1回だけなら“ちゅー”を許すと言うのだった…。

これまでにも早坂と藤原の百合フラグが仄めかされてきたが、今回さらにその気配が濃厚に。待ちに待った展開に、ネット上では《おいおいマジか! 期待してるで早坂×藤原書記!》《藤原書記×早坂 百合ハッピーエンドマジで期待してる!!》《早坂×藤原フラグいいぞ》と歓喜の声が上がっている。

早坂に称賛の声が集まる一方、白銀は…

しかし、残念ながら百合展開に盛り上がる読者だけではないようだ。一部では、今回のエピソードで「白銀の株が下がった」という声も上がっている。

というのも、早坂と藤原を四宮家本邸に派遣したのは、白銀の判断によるもの。その際、“適材適所”という言葉を口にしていた。しかし、スタンガンで見事敵を撃退してみせた早坂はともかくとして、藤原はこの荒事に適材適所だったとは言い難い。結果として、白銀が「荒事になるとわからなかった無能」or「荒事に藤原を送り込む冷血漢」のどちらかになってしまった…という見方らしい。

とはいえ、藤原もただ守られるだけの存在ではないはず。四宮家本邸でなんらかの活躍を見せる可能性はあるだろう。そうなれば、藤原を送り込んだ白銀の株も戻るかもしれない。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』24巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】