『ウマ娘』からのパクリ?『パワプロ』最新作に「本家が擦り寄ってきた」

『ウマ娘』からのパクリ?『パワプロ』最新作に「本家が擦り寄ってきた」

『ウマ娘』からのパクリ?『パワプロ』最新作に「本家が擦り寄ってきた」 (C)PIXTA

『パワプロ』シリーズのサクセスモードに“酷似”したゲーム性だと指摘されがちなアプリゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』。しかし最近では「パワプロ」シリーズが、「ウマ娘」から逆輸入するかのような動きを見せている。

「パワプロ」最新作にウマ娘の声優が!

以前から同シリーズには、サクセスモードなどに架空の野球選手などが登場してきた。そして今年4月に発売予定の最新作『パワプロ2022』では、これまで“声がなかったキャラクター”にもCVがつくことに。「パワプロ・プロスピ」の公式ツイッターでは、続々と担当声優が公開されている。

その第1弾として発表されたのは、『実況パワフルプロ野球7』から登場している早川あおいというキャラクター。緑色の髪とおさげが特徴的な女の子で、アンダースローを武器とする女性投手だ。

そんな早川あおいを担当する声優は、「ウマ娘」のエアグルーヴ役で一躍有名になった青木瑠璃子。まさかのウマ娘声優からの引き抜きに、SNSなどでは《エアグルーヴと同じ声優だから、走力はSランク…ではないか》《パワプロで青木瑠璃子はあかん。パワポケと同じ形式の育成ゲームのウマ娘と被るわ》《パワプロのあおいちゃん、声がエアグルーヴさんなの凄いな》《パワプロのあおいちゃんの声をエアグルーヴがやるんか》といった声が。やはり「ウマ娘」のエアグルーヴを想起する人は少なくないようだ。

パロディーネタが得意な「パワプロ」

ちなみに『パワプロ2022』のサクセスモードでは3つのシナリオが用意されており、その中の1つとして『熱血きらめき アオハル学園』編が収録されているという。一方で『ウマ娘』のアプリゲームには、育成モードで『アオハル杯~輝け、チームの絆~』というシナリオが。そのためネット上では、《アオハル学園は意識してないとでてこないネーミングだと思う》《本家が擦り寄ってきて笑った》などと話題になっていた。

「アオハル」という言葉は以前からそこそこ使われて来たため、「ウマ娘」特有の用語というわけでもないのだが、パロディーネタとして意識している可能性は十分ありえる。

たとえば『パワプロクンポケット7』には、『ロックマンエグゼ』シリーズが元ネタと思われる衛具是岩男(えぐぜいわお)といった、カプコン作品のパロディーキャラクターが多数登場。当時『Konami』の『ボクらの太陽』シリーズと、「ロックマンエグゼ」シリーズがコラボしていたため、「パワポケ7」でもこのようなパロディーネタが登場したようだ。

「パワプロ」シリーズのフットワークの軽さなら、「ウマ娘」のパロディーなんてお手のもの。いずれ正式なコラボがあることを期待せずにはいられない。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

FabrikaSimf / PIXTA

【あわせて読みたい】