『金色のガッシュ!! 2』大好評! 主人公の活躍で『BORUTO』の二の舞を回避

『金色のガッシュ!! 2』大好評! 主人公の活躍で『BORUTO』の二の舞を回避

『金色のガッシュ!! 2』大好評! 主人公の活躍で『BORUTO』の二の舞を回避 (C)PIXTA

幅広い世代から熱狂的な人気を誇る漫画『金色のガッシュ!!』の続編が、約14年ぶりにスタートした。人気漫画の続編はファンから賛否両論を招きがちだが、どうやら、これ以上ない大好評をもって受け止められているようだ。

『ガッシュ2』で魔界がピンチに!?

前作にあたる「金色のガッシュ!!」は、『週刊少年サンデー』にて2001年から2008年まで連載されていた人気作。魔物の子であるガッシュ・ベルと頭脳明晰な中学生・高嶺清麿が出会い、千年に一度行われる“魔界の王を決める戦い”に身を投じていく物語だった。

そんな同作の続編として始まったのが、「金色のガッシュ!! 2」。3月14日に公開された第1話では、魔物の子と思われる新キャラクターたちが、ワイグと名乗る謎の化け物に襲われるシーンが描かれていた。

物語の全容は明らかになっていないものの、前作で活躍した魔物の子たちが倒れている場面もあり、不穏な雰囲気から新たな物語がスタート。さらに、登場人物の口からはガッシュにまつわる衝撃的な情報も飛び出している。

主人公のナーフはなさそう?

とくにファンを熱狂させたのは、前作の主人公である清麿がピンチを救う“ヒーロー”として再登場したこと。彼は少し大人びたビジュアルとなっていたが、あの頃の勇敢さを感じさせる凛々しい顔立ちだった。

理想的な展開に、読者たちも《ガッシュ2、清麿の安心感がヤバい》《理想の登場の仕方をする男、高嶺清麿》《最初からかっこいい清麿がどーんは安心感》《大好きな清麿がかっこよすぎて死んだ》《絶望を切り裂く希望の存在としての清麿登場、続編の1話目としては満点としか言えない》と大満足しているようだ。

大ヒット漫画の続編が制作されることは珍しくないが、そこでしばしば問題となるのが主人公の“ナーフ”問題。成長し強くなった主人公をそのまま続投させるのは難しいため、なんらかの形で弱くなったり、コミカルに描かれたりすることも。

とくに最近では、『NARUTO -ナルト-』の続編である『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』が典型的。前作主人公のうずまきナルトが弱体化されたような展開で、賛否両論を呼んでいた。

しかし「金色のガッシュ!! 2」では現状そのような気配はなく、むしろ主人公を続投しそうな描き方となっている。ファンも安心してこの先の展開を楽しめるだろう。

続編によって、ますます「金色のガッシュ!!」再評価の機運が高まりそうだ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】