ニンテンドースイッチ『チョコボGP』バグまみれで炎上! クソゲーオブザイヤー確実か…

ニンテンドースイッチ『チョコボGP』バグまみれで炎上! クソゲーオブザイヤー確実か…

ニンテンドースイッチ『チョコボGP』バグまみれで炎上! クソゲーオブザイヤー確実か… (C)PIXTA

3月10日にリリースされた、スクウェア・エニックスの新作レースゲーム『チョコボGP』。これまで見たこともないような“未曽有のバグ”が連発されているようだ。購入者からは苦情が殺到し、公式の対応にも非難が寄せられている。

『チョコボGP』はルールがガバガバ?

「チョコボGP」は、ニンテンドースイッチ向けの新作タイトル。そのタイトル通り、『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するマスコットキャラクター「チョコボ」がメインに据えられている。

1999年にプレイステーションで発売された『チョコボレーシング ~幻界へのロード~』以来、約20年ぶりとなる精神的続編。オンライン対戦も可能とあって、ファンの間でも注目を集めていた。

しかしそのオンライン対戦において、「フライングスタート」がまかり通るバグが発覚。どうやらオンライン対戦中の同期がうまくいっておらず、ロードが終わり次第スタート可能となるらしい。つまり、ロードの早いプレイヤーほど早くスタートできるという謎のアドバンテージが生まれてしまったようだ。

また、レースは基本的にトラックを3周するとゴールなのだが、稀に2周以下、時にはスタートラインを切っただけでゴールすることも。ひどいケースでは4周以上走らされた上でビリ認定されることもあるという。他にも、CPUの挙動やカメラ操作など、きりがないほどバグが報告されている。

レースゲームとしては最悪のバグだらけで、プレイヤーからも《チョコボGP想像以上のクソゲーでびっくりした》《これはあかん、レースゲームとして破綻してる…》《チョコボレーシングを汚されてしまったな》《無料版のチョコボGPをDLして20分で消した。これはクソゲーオブザイヤーにノミネート確実だな》と困惑の声が上がっていた。