「クリリンのことかーっ!!!!!」おあずけ…『ドラゴンボール改』48話にモヤモヤ

「クリリンのことかーっ!!!!!」おあずけ…『ドラゴンボール改』48話にモヤモヤ

『ドラゴンボール 完全版』1巻(鳥山明/集英社)

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第48話『怒れる超サイヤ人! 名乗りを上げろ孫悟空!』が、3月22日深夜に再放送された。ついに孫悟空の名シーンが登場するかと期待されていたが、今回は“寸止め”となってしまったようだ。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています

フリーザによってピッコロとクリリンが倒され、ついに悟空は“金色の姿”へと覚醒。獣のような雄たけびと共に黄金の光を放ち、その姿にフリーザも圧倒されてしまう。そして自分の力が抑えられない悟空は、唯一生き残った悟飯を宇宙船で脱出させる。

その一方、フリーザは光線を用いて悟空を追撃。しかし難なく防がれてしまい、他の攻撃も一切通用しない。あまりの強さにフリーザが「な…、何者だ!?」と聞くと、悟空は「とっくにご存じなんだろ? 俺は地球から貴様を倒すためにやってきたサイヤ人。穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士、スーパーサイヤ人・孫悟空だ!」と名乗りを上げるのだった──。

ついにスーパーサイヤ人として目覚めた悟空。他の追随を許さないパワーでフリーザを追いつめる姿や、声高らかに名乗る悟空に視聴者は感動したようで、《超サイヤ人になって声がめっちゃ低くなるの好きすぎ》《「スーパーサイヤ人・孫悟空だ!」のくだり最高!》《自己紹介キター!》と歓喜の声が続出している。

名シーンにも“引き延ばし”の魔の手?

今回は、白熱したバトルや悟空の名シーンが描かれた。当然ファンは大満足かと思いきや、一部では不満げな人々も。なぜなら、名台詞「クリリンのことかーっ!!!!!」がおあずけとなったからだ。

「ナメック星編」といえば、フリーザをはじめとした人気キャラクターたちによる名台詞のオンパレード。中でもスーパーサイヤ人になった悟空が「クリリンのことかーっ!!!!!」と盟友への想いを口にするシーンは、同作でも一二を争うほど有名なシーンだろう。

「ドラゴンボール改」は無駄を省いたデジタルリマスター版だが、それでも「クリリンのことかーっ!!!!!」はいつまでたっても登場せず。相変わらず戦闘シーンや無駄な会話ばかりが描かれた引き延ばしに、《クリリンのことか、今日じゃなかったな。ため息しか出ない…》《クリリンのことか待ちだったけど、結局今回も出ないんかい!》《クリリンのことか、来週だわ》と落胆の声が上がっている。

次回あたりには登場させないと、視聴者が怒りでスーパーサイヤ人になってしまいそうだ。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ドラゴンボール 完全版』1巻(鳥山明/集英社)

◆過去のアニメ「ドラゴンボール改」レビューはこちら

【あわせて読みたい】