個人勢VTuberの炎上が止まらない! クラファン詐欺に契約トラブル、警察沙汰にまで…

個人勢VTuberの炎上が止まらない! クラファン詐欺に契約トラブル、警察沙汰にまで…

個人勢VTuberの炎上が止まらない! クラファン詐欺に契約トラブル、警察沙汰にまで… (C)PIXTA

近頃のVTuber界隈では、『にじさんじ』や『ホロライブ』など、企業に所属する大手事務所のVTuberたちが相次いで炎上中。しかしフリーで活動する“個人勢VTuber”の界隈も、負けず劣らず闇が深いようだ…。そこでは目を疑うような問題行動の数々が散見される。

夢を裏切った古参VTuber

<その1>環右金のクラファン詐欺
最近話題になった「個人勢」の騒動といえば、環右金という男性VTuberの不祥事。彼は“弾き語り系VTuber”として活動しており、1stアルバム制作プロジェクトのための資金を、2020年からクラウドファンディングで募っていた。

結果として、目標金額に設定された50万円に対し、約80万円という多額の支援金が集まったという。だが、支援者に送られるはずのリターン(返礼品)が、一向に履行されない事態に。最終的に環右金は、クラウドファンディングで集まった支援金を着服していたことを告白した。

どうやら彼はコロナ渦の影響で当時働いていた店が休業になり、失業したとのこと。ちょうどそのタイミングでクラウドファンディングで集まった支援金が振り込まれ、手をつけてしまったそうだ。

環右金は支援者への返金対応を告知し、相当猛省しているようだが、世間からは「クラウドファンディング詐欺」として非難する厳しい声が。かなり古い時期から活動していた“古参VTuber”だったこともあり、《環右金さん残念だな、歌も話も好きだったのに》《なんかもうただただ悲しいわ》《環右金さんそんなことしてたの…!? 久しぶりに見たと思ったらやばいでしょそれは…》と失望する人も少なくない。

なお、環右金は個人VTuberたちが集まるコミュニティ『BANs』の一員だったが、今回の騒動で“除名”となった。しかし「BANs」に所属していた個人VTuberの炎上騒動は、今回が初めてではない。