夢と希望の『ディズニー』に差別主義のウワサ?“反同性愛”疑惑でイメージダウン…

夢と希望の『ディズニー』に差別主義のウワサ?“反同性愛”疑惑でイメージダウン…

夢と希望の『ディズニー』に差別主義のウワサ?“反同性愛”疑惑でイメージダウン… (C)PIXTA

人種や性別を問わず、世界中の人々に夢と希望を与えてきた巨大コンテンツ『ディズニー』。しかし近年では同社に“反同性愛”というただならぬ疑惑が浮上しており、今まで培ってきたイメージを覆されそうになっている。

会社の理念をくつがえす出来事

「ディズニー」といえば、多くの人がLGBTQフレンドリーなイメージを持っているはず。それは「ディズニー」自体が、個々の違いを受け入れる“ダイバーシティ&インクルージョン”を掲げているためだ。また、LGBTQの象徴ともいえるレインボーカラーを用いたアイテム「The Walt Disney Company’s Pride collection」も発売されている。

表では時代の価値観に合った活動が目立つ「ディズニー」だが、そうしたイメージに異議を唱える関係者も。ディズニーのアニメ番組『アウルハウス』でクリエイターを務めるダナ・テラスという人物は、3月8日にツイッター上で「ディズニーの見栄えを良くするのにうんざりしている」と心情を吐露していた。

そもそも「アウルハウス」はバイセクシュアルの少女が主人公の作品だが、同社の偉い人から「バイセクシュアルや同性愛の関係性は表現できない」などと指摘されていたそう。この反LGBTQの姿勢が火種となり、3月15日に内部ストライキが計画されるほど、由々しき事態となっていたという。

大本はウォルト・ディズニーにあり?

しかし彼女の告白は、あくまで氷山の一角。「ディズニー」は他にも、反同性愛の疑惑が強まる行動を取っている。

アメリカのフロリダ州では3月8日に、小学校での性的思考や性自認の“議論”を規制する法案が新たに生み出され、「差別の助長」として抗議や批判の声が上がっていた。そんな中、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の代表兼CEOのボブ・チャペック氏が、法案を支持する議員に多額の金銭を寄付していたことが判明。「ディズニー」のイメージに反する行動を、CEOが率先して行っていたとして問題となった。

また「ディズニー」の生みの親であるウォルト・ディズニーについて、ハリウッド俳優のメリル・ストリープが「性差別主義者だった」と発言したことも。2014年に開催されたナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の受賞式にて、メリルは「彼は女性を好きでなかった」「レイシスト的なところがあった」などと話している。

しかしその一方で、「ディズニー」は2016年ごろにジョージア州で成立しそうになった差別的な法案に反発したことも。「聖職者が同性婚を執り行うことを拒否できる」という法案をめぐり、もし制定されれば同州から事業を引き上げるなどの意向を示し、ジョージア州を痛烈に批判していた。

どこまでが会社のイメージを守るための行動で、どこからが“本音”なのか。あらためて有言実行のスタンスを表明しなければ、ファンは安心できないかもしれない。

文=大獄貴司

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】