『呪術廻戦』大ヒットで予算アップ? アニメ『まちカドまぞく 2丁目』のクオリティーに絶賛

『呪術廻戦』大ヒットで予算アップ? アニメ『まちカドまぞく 2丁目』のクオリティーに絶賛

『まちカドまぞく』6巻(伊藤いづも/芳文社)

へっぽこ魔族と魔法少女の不思議な日常を描いたアニメ『まちカドまぞく 2丁目』(TBS系)が、4月7日深夜から放送スタート。第1話『対決ふたたび! 魔法少女の新たなる姿!?』では、1期よりも作画が進化を遂げており、ファンたちを歓喜させている。

※『まちカドまぞく』最新話の内容に触れています

「まちカドまぞく」は、魔族として覚醒した“シャミ子”こと吉田優子が、一族再興のために打倒・魔法少女に奮闘するストーリー。ただし、シャミ子がドジすぎるあまり、当の魔法少女である千代田桃には、のらりくらりとあしらわれ、敵対関係はいつしか友情へと変わっていく…というのが大筋だ。

待望の第2期では、高校1年の1学期を終えたシャミ子たちの姿が。桃の家にいた魔法少女・陽夏木ミカンが1人暮らしを始めるため、シャミ子の住むボロアパートに引っ越してくる。それに嫉妬したのか、桃までも同じアパートへ。両隣を魔法少女に挟まれ、シャミ子の夏休みが幕を開ける──。

約3年ぶりとなる続編に、首を長くして待っていたファンも大喜び。とくに、1期と比べて作画が向上していたため、《1期よりテンポが良くなったし作画レベルも上がった》《体感1期と比べて作画というかアニメーションが進化してる》《TVの続編がOVAになったかのような絵の綺麗さ》と視聴者たちを驚かせている。

アニメ『呪術』大ヒットで2期は予算アップ?

「まちカドまぞく」1期はモーションの少なさや、作画の簡素さから“低予算アニメ”のレッテルをつけられていたことで有名。しかし2期ではそれらが改善した上、ストーリーのテンポも大幅にアップしている。

1期と比較して制作陣は大きく変わっていないものの、見違えるようなクオリティーとなっていたため、ファンたちは予算がアップしたと予想している様子。《1期ヒットで予算が増えたのかな》《2期明らかに予算増えてる!》《作画に予算付いてる感が凄かった》といった声が飛び交っている。

また、同作を放映するTBSのアニメ部門といえば、ダークファンタジー『呪術廻戦』が大ヒットを記録し、波に乗っている真っ最中。その余波でアニメ部門の予算が増え、「まちカドまぞく」も恩恵を受けたのではないか…とも囁かれていた。

1期の出来は微妙だったにもかかわらず、Blu-ray・DVDは大ヒットを記録している。クオリティーも上昇したことで、2期にはさらなる期待が持てそうだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『まちカドまぞく』6巻(伊藤いづも/芳文社)

【あわせて読みたい】