『ONE PIECE』シャンクスはクズ男だった!?“隠し子”疑惑にファン動揺

『ONE PIECE』シャンクスはクズ男だった!?“隠し子”疑惑にファン動揺

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

漫画家・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める劇場版『ONE PIECE FILM RED』の最新情報が、4月13日に公開された。作中に“シャンクスの娘”が登場することが判明したのだが、ネット上で大きな物議を醸しているようだ。

謎が謎を呼ぶ新キャラクター

「ONE PIECE FILM RED」は、尾田が自ら制作に携わった『ONE PIECE FILM』シリーズの最新作。2022年8月6日に公開される予定で、これまでには謎めいた少女・ウタのビジュアルなどが明かされていた。

そんな中、今回お披露目となった『「ONE PIECE FILM RED」特報 Teaser Trailer 2』の映像では、シャンクスが「ウタ、離れていてもお前は一生、お前の娘だ」と衝撃発言。『東映映画』の公式ツイッターでも「シャンクスの娘!?」と思わせぶりな言葉が綴られている。

「ONE PIECE FILM」シリーズでは、作品設定の根幹に関わるようなキャラクターが登場するのが恒例となっている。しかしもし本当に「シャンクスの娘」が本当なら、ウタはその中でも超ド級の重要人物となりそうだ。

ネット上のファンたちも、《シャンクスの娘はパワーワードすぎるって》《原作に逆輸入されそう》《フィルムレッド激アツやな》とざわついている。

シャンクスの子は世界各地に存在する?

ところで「シャンクスの娘」といえば、気になるのが“マキノの子”の存在だ。マキノはルフィの出身地「フーシャ村」にある酒場の女店主で、シャンクスとも顔なじみ。第614話の扉絵で一児を授かっており、その父親候補としてシャンクスの名前も挙がっていた。

扉絵では「フーシャ村」の村長、ウープ・スラップが何やら怒りを浮かべている様子だったのだが、彼は大の海賊嫌いとして有名。もしシャンクスが父親なのだとしたら、この描写にも納得がいく。

そして今回、「マキノの子」に続いて、新キャラクターのウタも「シャンクスの子」である可能性が出てきた。そこでファンの間では、シャンクスがあちこちで子どもを作っている“クズ男”だという疑惑が浮上。

ネット上では《仮にウタが実子だったらシャンクスがただのクズ野郎になるじゃん》《シャンクスいたるところに種撒いてそう》《マキノさんとは遊びだったんですか》などと言われてしまっていた。今振り返ると、扉絵で「マキノの子」が描かれた回のサブタイトルが「やっちまったモンはしょうがねェ」だったことも、どこか意味深に見えてくる。

ただ、ウタについては血縁関係ではなく、エースと白ひげのように「育ての親」めいた関係なのかもしれない。だとしても、マキノを「フーシャ村」に残してウタを育てていたのだとすれば、あまり印象はよくないが…。

あらためて女性遍歴に注目が集まっているシャンクス。いろいろな意味で劇場版の公開が待ち遠しい。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】