海外ストリーマーが女性蔑視発言で永久追放! 加藤純一が頂点をとった日本との違い

海外ストリーマーが女性蔑視発言で永久追放! 加藤純一が頂点をとった日本との違い

海外ストリーマーが女性蔑視発言で永久追放! 加藤純一が頂点をとった日本との違い (C)PIXTA

海外の人気男性ストリーマー・IShowSpeed氏が、女性蔑視発言で大炎上。もともと過激な配信スタイルが売りのストリーマーだったが、さすがに今回は許されなかったようで、厳しい処分を受けていた。一方で過去に何度も女性差別発言をしてきた、日本の“あの”人気実況者は…。

「Riot Games」の全作品で永久追放!?

IShowSpeed氏の問題発言が飛び出したのは、人気FPSゲーム『VALORANT』の配信。同ゲームは主に5対5のチーム戦を行うゲームなのだが、マッチングした味方チームの女性プレイヤーに意見されたIShowSpeed氏は激昂してしまった。

チームメンバーから冷静になるようになだめられるも、怒りのボルテージは上がるばかり。挙句の果てに、女性プレイヤーに対して「ゲームなんかやめて夫の皿洗いでもしてろ」などといった暴言を吐いてしまう。

そんなIShowSpeed氏の発言に対し、世界中の人々から批判が殺到。そして「VALORANT」のゲームプロデューサーであるSara Dadafshar氏が、IShowSpeed氏を『Riot Games』の全作品から永久追放する旨を発表した。

「Riot Games」といえば、「VALORANT」だけでなく『League of Legends』など世界的な人気ゲームを世に送り出してきた有名会社。そんな「Riot Games」の全作品からの永久追放は、ゲーム配信者としてもゲームプレイヤーとしても致命的だろう。IShowSpeed氏には、かなり重い処罰が下されたと言える。

日本は配信者の差別発言に甘い?

ちなみにIShowSpeed氏は以前にも、女性インフルエンサーのAsh Kaashh氏へのセクハラ発言が問題になり、配信プラットフォーム『Twitch』のアカウントを“永久BAN”されている。やはり海外はポリコレ意識が高いこともあってか、差別発言などへの処罰が厳しく、迅速に対応されるようだ。

ところで日本の配信者界隈は、良くも悪くも過激な発言に“甘い”印象がある。たとえば国内で屈指の人気を誇るゲーム実況者・加藤純一氏は、過去に何度も女性蔑視と捉えられてもおかしくない発言を口にしてきた。

以前、飲酒配信をした際には、お酒の勢いもあったのか、女性配信者を視聴しているリスナーに対して、「女なんて見ても面白くねーじゃねぇか」と言い、下心でしかないことを指摘。さらに女性配信者に関して、「女としての幸せってそれじゃない?」「男からそうやって性的対象として見られるのが、一番うれしいでしょ」といった持論を展開していた。

ほかにも障がい者差別発言などで物議を醸したこともあるのだが、今のところあまり大きな問題にはなっていない。昨年7 月ごろ、ファッションイベント『KANSAI COLLECTION 2021A/W』への出演が見送られた程度だ。逆に今年は『ストリーマーアワード』の大賞を受賞しており、配信活動には全くのノーダメージと言われている。

IShowSpeed氏も日本の配信者だったら、ここまで大きな炎上騒動にならなかったのだろうか…。

文=大上賢一

【画像】

Koldunova / PIXTA

【あわせて読みたい】