新作ソシャゲ『ヘブバン』も大ヒット!“作曲家・麻枝准”が生み出した神曲3選

新作ソシャゲ『ヘブバン』も大ヒット!“作曲家・麻枝准”が生み出した神曲3選

新作ソシャゲ『ヘブバン』も大ヒット!“作曲家・麻枝准”が生み出した神曲3選 (C)PIXTA

『AIR』や『CLANNAD』などの名作を生んできた麻枝准。その才能はシナリオだけでなく音楽方面でも飛びぬけており、新作ソシャゲ『ヘブンバーンズレッド』も大きな話題を呼んでいる。これまでどんな楽曲を手掛けてきたのか、その足跡を振り返ってみよう。

切なさと激情のあいだで

<その1>Lia『夏影』
2000年にPCゲームとして発売され、今もなおオタクの聖典的扱いを受けている恋愛アドベンチャー『AIR』。Liaの『夏影』は、同作を象徴するBGMの1つだ。

壮絶な運命を背負ったメインヒロイン・神尾観鈴のテーマ曲となっており、儚くも力強いメロディーが印象的。“作曲家・麻枝准”のイメージを決定づけた曲でもあり、発表から20年以上経った今でも、数多くのカヴァーやRemixが発表されている。

夏らしくさわやかなイメージの曲だが、実は映画『菊次郎の夏』で使用された久石譲の『Summer』をオマージュしたものではないかという噂も。実際にはコード進行がたまたま被っただけのようにも思われるが、天才同士は近い感性を持つ…ということなのかもしれない。

<その2>Girls Dead Monster『Little Braver』
麻枝といえば、ピアノの切ないメロディーが胸を打つバラードのイメージが強い。しかしその一方、荒削りでパンキッシュなバンドサウンドも得意としている。「ヘブンバーンズレッド」でも序盤から疾走感のある楽曲が存在感を発揮していた。

そうした方向性でもっとも多くの注目を浴びたのは、Girls Dead Monsterによる楽曲だろう。Girls Dead Monsterは、2010年に放送されたアニメ『Angel Beats!』の劇中に登場するガールズバンドだ。

どれも名曲ぞろいなのだが、その中でもとくに『Little Braver』は、麻枝楽曲のラウドな一面を存分に堪能できるのが魅力。発売当時、オリコンデイリーランキングで1位を獲得するなど、多くの人を魅了した1曲だった。

ちなみにGirls Dead Monsterは、『鬼滅の刃』で一躍国民的シンガーとなったLiSAが、メジャーデビューを果たすきっかけとなったバンドでもある。デビュー当時の荒削りな歌唱も必聴だ。