配信中に警察とバトル!? 人生が壮絶すぎる女性VTuber・息根とめる

配信中に警察とバトル!? 人生が壮絶すぎる女性VTuber・息根とめる

配信中に警察とバトル!? 人生が壮絶すぎる女性VTuber・息根とめる (C)PIXTA

個性豊かな人々が集まるVTuber界隈。中には波瀾万丈な人生を送っている人も少なくないようで、最近では息根とめるという女性VTuberが話題となっていた。どうやら“毒親”から捜索願いを出された結果、配信中に警察とバトルを繰り広げる事態となったらしい。

破天荒すぎるVTuber

息根とめるは、ディープウェブ・アンダーグラウンド(DWU)が立ち上げたグループ『深層組』に所属するVTuber。配信中に大家から凸されるなど、限界すぎる生活環境が話題になり、“家賃滞納系VTuber”としてバズったこともあった。

そんな彼女が最近になって、『毒親から逃げきりたい』というタイトルの配信を敢行。捜索願いが出され、警察から電話が何件も来るようになったため、配信中に警察と電話で話し合おうという主旨だった。

これまで息根とめるが明かしてきた過去エピソードによると、彼女は幼少期に主に母親から家庭内暴力などの虐待を受けていたという。その後、家出してホームレスや“保証人無しで入居できるマンション”での生活を経て今に至るのだが、成人になってから出された捜索願いに対処していなかった模様(※VTuberとしての設定では11歳)。

そのため配信では、どうにか毒親から逃げきりたい息根とめると、安否を確認したい警察のバトルが電話越しで繰り広げられた。

息根とめるvs警察

配信上で警察側の音声は聞き取れないが、どうやら警察は息根とめるがなんらかの犯罪に巻き込まれている可能性を危惧していた様子。一方で息根とめるは毒親に自分の情報が伝わることを避けたいため、「私が今警察に連絡が取れたっていうことを、父に伝えてほしくないんです」と求めていた。

しかし警察としては安否確認のための警察署出頭を確約したいため、しばらく押し問答に。息根とめるは「良好な関係を両親と築けていなかったので」と家庭環境を説明し、出頭について「確約はできない」ときっぱり伝えている。

警察との生々しい会話を公開した息根とめるの配信に、リスナーからは《警察との電話なんてなかなか聞けるようなものじゃないからドキドキした》《すげえドキュメンタリーだ》《幸せになってほしい》《マジでめちゃくちゃ応援したくなっちゃうな》といった声が。

また《毒親と縁を切ろうとしているので色々と学ばせてもらってます》との声も上がっており、彼女の強かな生き方は、同じような境遇の人々の希望となっているのかもしれない。

自らの壮絶な人生を“人生デッキ”と呼び、配信としてエンターテインメントに昇華させている息根とめる。VTuberとして成功し、幸せをつかみ取る姿を見せてほしい。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】