フリーザ様が顔芸!『ドラゴンボール改』52話に「変顔のバーゲンセール」

フリーザ様が顔芸!『ドラゴンボール改』52話に「変顔のバーゲンセール」

『ドラゴンボール 完全版』1巻(鳥山明/集英社)

大人気アニメ『ドラゴンボール改』(フジテレビ系)の第52話『消えゆく星に残った2人! これが最終決戦だ』が、4月19日深夜に再放送された。作中では宇宙最強の男・フリーザが“顔芸”を繰り出すほど完膚なきまでに叩きのめされ、爆笑の声が続出している。

※アニメ『ドラゴンボール改』最新話の内容に触れています

ドラゴンボールが叶えた願いによって、無事に地球へと帰還したブルマや悟飯、ベジータたち。一方で崩壊が始まるナメック星では、フリーザとスーパーサイヤ人・悟空のバトルがますます激化していた。

両者は互角に見えたが、そこで悟空が一歩優勢な状況に。長きにわたる戦いで100%の力を維持できなくなったフリーザを憐れみ、悟空は戦いを終わらせるよう忠告する。だがフリーザは往生際悪く追尾弾を放ち、悟空の逆鱗に触れてしまう。

そして脳天へ肘鉄を食らい、強烈な往復ビンタまで打ち込まれ、仕舞いには自らの技で真っ二つに切り裂かれるのだった──。

今回のフリーザはなすすべもなくボコボコにされ、顔面が崩壊するほどの大ダメージを負っている。初登場時はクールな立ち振る舞いで周囲を震え上がらせていたが、悟空の前では冷徹なマスクが剥がれ落ちるほど、力の差を見せつけられたようだ。

あのフリーザ様が顔芸!?

「ナメック星編」の最終決戦にふさわしい大迫力の戦闘シーンが描かれた第52話。ところが視聴者たちは戦闘よりも、うちのめされたフリーザの“顔”に注目している。それもそのはず、悟空の肘鉄にて脳天を殴られた際、フリーザは目ん玉が飛び出すほどの顔芸状態に。また往復ビンタを食らった時にも、ムンクの『叫び』のような表情でボコボコに殴られていた。

「宇宙最強」の称号に傷がつくレベルの“顔芸ラッシュ”を披露したフリーザに、ネット上では《フリーザ、変顔のバーゲンセールで草》《エルボーくらったり、往復びんたくらったりして、顔面が崩壊してるフリーザさん》《フリーザの顔芸やめてwww》《もう笑うしかないだろ!》といった声が続出している。

そんなギャグっぽい雰囲気が生まれた要因が、悟空のファイトスタイル。なぜかスーパーサイヤ人ともあろう男が「往復ビンタ」によって攻撃していたからだ。これには《色んな技があるのにビンタって…》《超サイヤ人の往復ビンタ(笑)》と、ほのぼのとしてしまった人も多い様子。

あらためて見るとツッコミどころが多い、フリーザと悟空の真剣勝負。エンターテイナーとしても超一流と言わざるを得ない。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ドラゴンボール 完全版』1巻(鳥山明/集英社)

◆過去のアニメ「ドラゴンボール改」レビューはこちら

【あわせて読みたい】